メインメニューを開く

Jaguar(ジャガー)は、アメリカオークリッジ国立研究所に設置された、クレイ社が製造したスーパーコンピュータの一つである。2009年11月のTOP500で世界最速とされた。

概要編集

Jaguarは、ペタスケール(ペタFLOPS級)のスーパーコンピュータで、クレイにより製造され、2008年テネシー州オーク・リッジのオークリッジ国立研究所に設置された。

2008年11月のTOP500ランキングでは2位とされたが、その後ノードの増設とAMD Opteronプロセッサの置き換えなどのバージョンアップを行い、翌2009年11月のTOP500ではピーク時性能が 1,750 テラFLOPS (1.75 ペタFLOPS)以上となり、世界最速のコンピュータとされた。

JaguarはCray XT5システムをベースに、224,256個の Opteron プロセッサコアを搭載し[1]オペレーティングシステムLinuxの1バージョンによって稼働する[2]

参照編集

関連項目編集

外部リンク編集