L.J.ビーストン(Leonard John Beeston, 1874年 - 1963年[1])は、イギリス小説家放送作家[2]ロンドン出身[3]。雑誌「新青年」の創刊翌年大正十年に出版されたその増刊号において、邦訳である「マイナスの夜光珠」が掲載された。日本では「新青年」に邦訳が多数掲載され、人気を博した[4]。1970年に溝口正史らによる翻訳集「ビーストン傑作集」が刊行されている[5]

生涯編集

評価編集

主な作品編集

  • マイナスの夜光珠
  • シヤロンの灯火
  • ヴォルツリオの審問
  • 死者の手紙
  • 東方の宝
  • 三百三十三号室
  • 盲目の猛犬
  • シヤロンの淑女
  • 闇の手
  • 過去の影
  • 愛してはならぬ女
  • 無慈悲な懺悔
  • 人間豹
  • 間諜
  • パイプ
  • 決闘用の拳銃
  • 緑色の部屋
  • 夜の精
  • 緑色の人魚
  • 一月二百磅
  • 星の私語
  • 決闘家倶楽部
  • 浮沈
  • 廃屋の一夜
  • クレッシングトン夫人の青玉
  • 形見の猫目席
  • 十万磅
  • 黄昏
  • 悪魔の笑ひ

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Beeston, L. J., 1874-1963”. Virtual International Authority File. 2021年4月25日閲覧。
  2. ^ Leonard John Beeston (1874 - 1963)”. LibriVox. 2021年4月25日閲覧。
  3. ^ 至妙の殺人 妹尾アキ夫翻訳セレクション 論創海外ミステリLawson Entertainment, Inc. 2021年4月25日閲覧
  4. ^ 『世界の推理小説・総解説』自由国民社、1991年、174頁。ISBN 4426612047 
  5. ^ ビーストン傑作集”. 国立国会図書館. 2021年4月25日閲覧。