LAN Server(LANサーバー)は、IBMが販売していたネットワークオペレーティングシステムである。

LAN Server
開発元 IBM
最新版 (開発・販売停止済)
対応OS OS/2
種別 ネットワークオペレーティングシステム
ライセンス プロプライエタリ
テンプレートを表示

概要編集

IBM LAN Serverは、マイクロソフトLAN Managerとの親戚として、1988年に最初に出荷された。

最初はOS/2拡張版(OS/2 EE)の上で稼働するよう設計された。ネットワーククライアントはIBM LANリクエスタと呼ばれ、OS/2 1.1 拡張版には標準で含まれた。IBMは後にMicrosoft Windows用などにもクライアントを出荷した。プロトコルはNetBIOSを拡張したNetBEUIなどが使用できた。

IBM LAN Serverは、IBM OS/2 LAN Serverとも呼ばれた。またAIXOS/400などの他のオペレーティングシステム用も存在した。

1996年のOS/2 Warp Serverからは、OS/2 Serverに標準搭載された。競合製品はNetWareLAN Managerとその後継であるWindows Serverなどであった。

バージョン編集

  • 1.0 - 1988 - OS/2 拡張版 1.0用
  • 1.2 - 1990 - OS/2 拡張版 1.2用
  • 1.3 - 1991 - OS/2 拡張版 1.3用
  • 2.0 - 1992 - LAN Manager 2.0 相当
  • 3.0 - 1993 - Entry版、Advanced版(当バージョン以降はLAN Managerの親戚ではない)
  • 4.0 - 1994 - Entry版、Advanced版 - 新しいオブジェクト指向のユーザインターフェース
  • 5.0 - 1996 - OS/2 Warp Serverに標準搭載
  • 5.1 - 1999 - OS/2 Warp Server for e-businessに標準搭載

前身にはIBM PC LAN Program (PCLP)がある。LAN Server UltimediaやWorkplace On-Demandにも変形版が含まれていた。

関連項目編集

外部リンク編集