LaTeX

組版処理システムとそのための言語

LaTeX(ラテック、ラテフ、など。詳細は後述)とは、レスリー・ランポートによって開発されたテキストベースの組版処理システムである。電子組版ソフトウェアTeXにマクロパッケージを組み込むことによって構築されており、単体のTeXに比べて、より手軽に組版を行うことができるようになっている。LaTeXと表記できない場合は「LaTeX」と表記する。

LaTeX
The LaTeX Project logo
作者 レスリー・ランポート (2.09 まで)
開発元 The LaTeX Project (2ε から)
初版 1984年 (38年前) (1984)
最新版
LaTeX2ε (November 2022 release) / 2022年11月1日 (38日前) (2022-11-01)[1]
最新評価版
LaTeX3 / 2022年11月2日 (37日前) (2022-11-02)[2]
リポジトリ ウィキデータを編集
プログラミング
言語
TeXプリミティブ、expl3
対応OS クロスプラットフォーム
サポート状況 開発中
種別 組版処理、TeX マクロパッケージ
ライセンス LPPL英語版
公式サイト www.latex-project.org
テンプレートを表示

なお、LaTeXを基にアスキー日本語処理に対応させたものとして日本語LaTeX[注 1] が、さらに縦組み処理にも対応させたものとしてpLaTeXがある。

専門分野にもよるが、学術機関においては標準的な論文執筆ツールとして扱われている。

変換の様式。日本においてはdvipdfmではなくその拡張版のdvipdfmxを用いる場合が多い。

読み方編集

LaTeXの生みの親レスリー・ランポートは、“LaTeX”の発音について自著の中で、

通常、TeXが「テック」と発音されているので、論理的に考えれば「ラーテック」や「ラテック」、「レイテック」などが妥当なところかもしれない。しかし、言葉というものはつねに論理的とはかぎらないので、「レイテックス」でもかまわない。

—Leslie Lamport(『文書処理システム LaTeX』[3]より)

と述べている。日本語では「ラテック」あるいは「ラテフ」と呼ばれる[4]

成立の背景と開発者編集

LaTeX以前に、“TeX”という名の数式の処理に優れる組版ソフトウェアがあり、そのTeXを使ってもっと簡単に論文やレポートを作成したいという要望があった。LaTeXはその要望に応えて開発されたものであり、レスリー・ランポートがTeXの上にマクロパッケージを組み込むことで構築したものである。さらにLaTeXでは、TeXの煩雑な部分の修正も行っている(たとえば、累乗根分数の設定方法など)。またTeXやそれを基にしたLaTeXは主に米国での表記法を基に作られたもので、日本の初等教育中等教育での数式の書き方とは一部異なる[注 2][注 3]。例を挙げれば、日本の初等教育・中等教育では等号附き不等号として、「≦」と「≧」が、近似記号として「≒」が、相似記号として「」が用いられる。一方でTeXやLaTeXの標準では、等号附き不等号として「 」(\leqまたは\le)と「 」(\geqまたは\ge)が、近似記号として「 」(\approx) や「 」(\sim)が、相似記号として「 」(\sim) が用いられる。日本で使われる記号を使う必要がある場合は、amssymbパッケージを用いることで「 」(\leqq)、「 」(\geqq)、「 」(\fallingdotseq) が使用できる。

動作環境と各種バージョン編集

LaTeXソフトウェアは、LaTeX Project Public License英語版 (LPPL)[5]に規定されたライセンスで提供されたフリーソフトウェアである。現在、macOSSolarisなどのUNIXLinux OSBSD系OSOpenSolarisなどのUNIX 互換OS、そしてMicrosoft Windowsなど、多くのオペレーティングシステム上で利用できる。

現在使われているバージョンはLaTeX2ε(ラテック・トゥー・イー) である。組版処理による表記ができないプレーンテキスト電子メールなどの場合には“LaTeX2e”と表記する[6]。古いLaTeX 2.09 を利用している場合には、LaTeX2εへの更新が推奨されている。

  • 1993年、LaTeXの新版であるLaTeX2εがリリースされた[7]
  • 1995年、日本語LaTeX2ε (pLaTeX2ε) がリリースされた。

なお、「pLaTeX2ε」は株式会社アスキー登録商標であり、「ピーラテックツーイー」と読むのが正しいとされている。

特徴編集

LaTeX での文書作成と一般的なワープロソフトでの文書作成を比べると以下のような特徴が見られる。

  • ファイル作成時に記述するファイル形式と閲覧ファイル形式が異なる。
    • ソースコードを作成してコンパイル[注 4]を行うことで、初めてDVI[注 5]PDF[注 6]のような閲覧用のファイルを得ることができる。
    • 一度コンパイルを行わないとどういった出力が得られるかがわかりにくい。
    • ソースコードをインクルード[注 7]することで、過去の文章を簡単に再利用できる。また、大規模な文書の場合に作業を分割して並行作業することが容易である。
    • 一般的なプログラミング言語におけるライブラリに当たる、スタイルファイルを用いることで文書の表現力を拡張しやすい。
    • PerlLuaなどのプログラミング言語と連携させることがワープロソフトで作成されたファイルと比べて容易である。
  • 組版性能が高い。DTPシステムとして使用するものもいる。
    • 一般向けの出版物の作成にも充分に耐えられるものであり、実際の出版例もある[8]
    • 数式の入力のためのコマンドが豊富に組み込まれており行いやすい。更に数式組版の性能は特に高い。
  • GUIベースのワープロソフトと比べると、CUIの操作やソースコード作成に関する知識が必要となる点で、コンピュータ初心者はハードルが高いと感じることが多い。
  • 図やイラストなどはtgif英語版を使って作成し、Encapsulated PostScript形式で保存することで、dvi2psコマンド実行時に単一のPostScript形式ファイルに変換することが出来る。
  • しかし、文書のページ数が増えてくると、画面出力の全てを自動化したソースコード作成による組版と比較して、GUI経由で文書のページを1枚毎に手作業で調整する組版は飛躍的に非効率になる。ソースコード作成方式では、文書のページ数が幾ら膨大であっても、事前に文書スタイルさえ定義されていれば、CUI上のコマンド入力で一括して全てを組版することが可能である。従って、コンピュータ上の作業自動化のメリットを知っている研究者技術者からの受けは良い。

数式組版性能が非常に高いという特徴から、自然科学・応用科学系の中でも数学を多用する分野では学会提出の資料の標準形式として広く用いられている。雑誌に掲載するための体裁を整えたテンプレートの配布を行っている学会もある[9]。一方で化学式を多用する分野ではWord形式を奨励し、LaTeXの使用は一般的でないことがある[注 8]

入力と出力の具体例編集

以下はLaTeX用の入力の例[10]

\documentclass[12pt]{article}
\title{\LaTeX}
\date{}
\begin{document}
\maketitle \LaTeX{} is a document preparation system for the \TeX{} 
typesetting program. It offers programmable desktop publishing 
features and extensive facilities for automating most aspects of 
typesetting and desktop publishing, including numbering and 
cross-referencing, tables and figures, page layout, bibliographies, 
and much more. \LaTeX{} was originally written in 1984 by Leslie 
Lamport and has become the dominant method for using \TeX; few 
people write in plain \TeX{} anymore. The current version is 
\LaTeXe.
\newline
% This is a comment, it is not shown in the final output.
% The following shows a little of the typesetting power of LaTeX
\begin{eqnarray}
E &=& mc^2                              \\
m &=& \frac{m_0}{\sqrt{1-\frac{v^2}{c^2}}}
\end{eqnarray}
\end{document}

上記のソースコードをLaTeXで処理することで、以下のような出力が得られる。

 

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 日本対応したLaTeXには、NTT版jLaTeXもある。
  2. ^ 日本の初等教育・中等教育での数式表記は JIS Z 8201 を基準にしている。2006年1月20日に確認が行われている JIS Z 8201-1981 (JIS Z 8201:1981) と国際標準である ISO 31-11:1992 とでは、表記が一部異なっている。
  3. ^ 日本の初等教育・中等教育での数式用に記号の形を調整するマクロとして、初等数学プリント作成マクロ emath がある。
  4. ^ ソースコードを DVI などの文書ファイル形式に変換すること。
  5. ^ Microsoft Word でしか開くことができなかった旧型式のdocファイルなどとは異なり、処理系に依存しないとされるファイル形式。なお、新形式のdocx (Office Open XML Document) は処理系に依存せず開くことができる。
  6. ^ 処理系に依存しない標準規格。
  7. ^ 他のソースコードの記述を自動的に読み込む仕組み。
  8. ^ XϒMTeXmhchem といったパッケージを利用すれば書ける。

出典編集

  1. ^ The LaTeX Project (2022年11月3日). “The Spring 2021 LaTeX release is available”. 2022年11月19日閲覧。
  2. ^ The LaTeX Project (2021年11月2日). “The LaTeX3 Interfaces (PDF)”. 2022年11月19日閲覧。
  3. ^ Leslie Lamport『文書処理システム LaTeX』Edgar Cooke・倉沢良一 監訳、大野俊治・小暮博道・藤浦はる美 訳、アスキー、1990年、5頁、ISBN 978-4-7561-0784-8.
  4. ^ 奥村 & 黒木 2013, p. 2, 1.3 LaTeXって何?.
  5. ^ LaTeX project: The LaTeX project public license”. 2020年6月11日閲覧。
  6. ^ 奥村 & 黒木 2013, p. 4.
  7. ^ 奥村 & 黒木 2013, p. 2.
  8. ^ TeX で作られた本 — TeX Wiki”. 2020年6月11日閲覧。
  9. ^ 例えば日本数学会電子情報通信学会 ウィキペディアでも、LaTeXをtemplate:Latexを用いて表示している。
  10. ^ ScienceSoft — LaTeX”. 2020年6月11日閲覧。

参考文献編集

  • 奥村, 晴彦、黒木, 裕介 『LaTeX2ε 美文書作成入門』(改訂第6版)技術評論社、2013年。ISBN 978-4-7741-6045-0https://books.google.com/books?id=sXcWAgAAQBAJ 

関連項目編集

外部リンク編集