メインメニューを開く

MODEL3(モデルスリー)は1996年にセガ(後のセガ・インタラクティブ)によって開発されたアーケードゲーム基板である。

目次

概要編集

メインCPUIBMPowerPC 603。描画プロセッサはロッキード・マーティン社との共同開発によるReal3D/PRO-1000。MODEL1MODEL2と同様、音源制御にMC68000を採用。音源チップには、ヤマハSCSPを搭載している。 また、CPUのクロックの違い等で4つのバージョン(Step 1.0, 1.5, 2.0, 2.1)が存在する。 これまでの基板であるMODEL1やMODEL2に存在した、シェーディング方式やテクスチャマッピングに関する幾つもの制約が緩和され、3Dゲームの表現力が大きく向上した。

部品調達難に伴い、2017年3月31日を以って修理サポートが終了した[1]

仕様編集

  • MPEG音源再生用オプションボード
    • DSB1
      • CPU : Z80
      • Sound Chip : NEC uD65654GF102
    • DSB2
      • CPU : 68k
      • Sound Chip : NEC uD65654GF102

対応ゲーム編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 弊社製品保守対応の終了についてセガ・インタラクティブ、セガ・ロジスティクスサービス 2016年11月