Mac Studio

アップルが設計したデスクトップ・コンピュータ

Mac Studio(マック・スタジオ[3])は、Appleによって開発および販売されている、省スペースMac デスクトップパソコンである[4][5]

Mac Studio
開発元 Apple
種別 デスクトップ
発売日

初代:2022年3月18日[1]

2023:2023年6月13日[2]
OS

初代:macOS Monterey(初出荷時)

2023:macOS Ventura
SoC 初代: 2023:
関連商品 Mac mini, Mac Pro, Apple Studio Display
ウェブサイト 公式ウェブサイト
背面

2022年3月8日にオンラインで行われたApple Eventで発表された[6]。プロセッサにApple M1 MaxまたはM1 Ultraのいずれかを搭載し、Mac miniMac Proの間に位置するミドルスペックのモデルである。従来までミドルスペックの製品はディスプレイ一体型のiMacが担っていたが、本モデルおよび同時発表されたApple Studio Displayの登場によりiMacとの棲み分けが図られた。

仕様 編集

M1 Max/M2 Maxモデルでは軽量なアルミ合金のヒートシンクを搭載している一方、M1 Ultra/M2 Ultraモデルでは放熱性の高い製のヒートシンクを使用しているため、重量に900 gの違いがある[7]

不具合が生じて起動しなくなった場合は、Apple Configuratorを使って別のMacから復元できる[8]

モデル 2022[9] 2023
SoC Apple M1 Max Apple M1 Ultra Apple M2 Max Apple M2 Ultra
発売日 2022年3月18日 2023年6月13日
製品番号(標準モデル) MJMV3J/A MJMW3J/A MQH73J/A MQH63J/A
機種ID Mac13,1 Mac13,2 Mac14,13 Mac14,14
モデル番号 A2615 A2901
メモリ 32 GBメモリ (購入時オプション64 GB) 64 GBメモリ (購入時オプション128 GB) 32 GBメモリ (購入時オプション64 GB, 96 GB) 64 GBメモリ (購入時オプション128 GB, 192 GB)
ユニファイドメモリ
グラフィックス Appleデザインの24コア内蔵GPU(購入時に最大32コアのGPUを構成可能) Appleデザインの48コア内蔵GPU(購入時に最大64コアのGPUを構成可能) Appleデザインの30コア内蔵GPU(購入時に最大38コアのGPUを構成可能) Appleデザインの60コア内蔵GPU(購入時に最大76コアのGPUを構成可能)
機械学習 Neural Engine 16コア 演算性能11兆回/秒 Neural Engine 32コア 演算性能22兆回/秒 Neural Engine 16コア 演算性能15.8兆回/秒 Neural Engine 32コア 演算性能31.6兆回/秒
H.264, HEVC, ProResデコーダ/エンコーダ メディアエンジン
  • ビデオデコードエンジン
  • 2つのビデオエンコードエンジン
  • 2つのProResエンコード/デコードエンジン
メディアエンジン x 2
  • 2つのビデオデコードエンジン
  • 4つのビデオエンコードエンジン
  • 4つのProResエンコード/デコードエンジン
  • 8K ProRes 最大18ストリーム再生
メディアエンジン
  • ビデオデコードエンジン
  • 2つのビデオエンコードエンジン
  • 2つのProResエンコード/デコードエンジン
メディアエンジン x 2
  • 2つのビデオデコードエンジン
  • 4つのビデオエンコードエンジン
  • 4つのProResエンコード/デコードエンジン
  • 8K ProRes 最大22ストリーム再生
ビデオサポート Thunderbolt 4ポート:最大4つのApple Pro Display XDR, Apple Studio Display
HDMI 2.0:1つの最大解像度4,096 x 2,160 / 60 Hzディスプレイ
Thunderbolt 4ポート:最大6つのApple Pro Display XDR, Apple Studio Display
HDMI 2.1:1つの最大解像度7,680 x 4,320 / 240 Hzディスプレイ
SSD 512 GB 1 TB 512 GB 1 TB
購入時オプション最大8 TB
接続性 内蔵Wi-Fi6 (802.11a/b/g/n/ac/ax) 内蔵Wi-Fi6E (802.11a/b/g/n/ac/ax)
Bluetooth 5.0 Bluetooth 5.3
10ギガビットイーサネット(Lights Out Management対応[10]
周辺機器の接続 Thunderbolt 4/USB4(最大電源出力15 W[11])x 4 Thunderbolt 4/USB 4(最大電源出力15 W)x 6 Thunderbolt 4/USB4(最大電源出力15 W[11])x 4 Thunderbolt 4/USB 4(最大電源出力15 W)x 6
USB-C 10 Gbps x 2 USB-C 10 Gbps x 2
USB Type-A x 2
HDMI 2.0 HDMI 2.1
SDXCメモリーカードスロット (UHS-II)
ハイインピーダンスヘッドホンをサポートする3.5 mmヘッドホンジャック[12]
消費電力 待機中11 W, 最大115 W[13] 待機中13 W, 最大215 W[13] 待機中9 W, 最大145 W[13] 待機中10 W, 最大295 W[13]
電源 内蔵電源 370 W(最大連続)※接地極付き
温室効果ガスの排出 262 kg (578 lb) CO2 e[14] 375 kg (827 lb) CO2 e[14] 290 kg CO2 e 346 kg CO2 e
重さ 2.7 kg(5.9ポンド) 3.6 kg(7.9ポンド) 2.7 kg(5.9ポンド) 3.6 kg(7.9ポンド)
寸法 9.5 cm (H) ×19.7 cm (W) ×19.7 cm (D)

脚注 編集

  1. ^ Apple、まったく新しいMac StudioとStudio Displayを発表”. Apple Newsroom. 2022年3月8日閲覧。
  2. ^ Apple、新しいMac Studioを発表、さらにMac ProにはAppleシリコンを搭載”. Apple Newsroom. 2023年6月6日閲覧。
  3. ^ 奥平和行 (2022年3月9日). “Appleが新PC「Mac Studio」 半導体「M1 Ultra」搭載” (日本語). 日本経済新聞 (日本経済新聞社). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN08E990Y2A300C2000000/ 2022年7月2日閲覧。 
  4. ^ Dillet, Romain. “Apple introduces a brand new Mac, the Mac Studio”. techcrunch. 2022年3月8日閲覧。
  5. ^ M1 Ultra/M1 Max搭載の超小型デスクトップPC「Mac Studio」登場 3月18日発売で24万9800円から”. ITmedia PC USER. 2022年3月9日閲覧。
  6. ^ Appleイベント発表まとめ 新型「iPhone SE」や「Mac Studio」など新ハードが豊作”. ITmedia NEWS. 2022年3月9日閲覧。
  7. ^ Clark, Mitchell (2022年3月9日). “Apple explains why the M1 Ultra-equipped Mac Studio is two pounds heavier” (英語). The Verge. 2022年3月11日閲覧。
  8. ^ Apple Configuratorを使ってAppleシリコンを搭載したMacを復活させる/復元する”. Apple Support. 2022年3月27日閲覧。
  9. ^ Mac Studio - Technical Specifications” (英語). Apple. 2022年3月8日閲覧。
  10. ^ AppleデバイスのLOM(Lights Out Management)MDMペイロードの設定”. Apple Support. 2022年5月20日閲覧。
  11. ^ a b Thunderbolt™ 4 とは?USB-C との違いは?ー インテル”. Intel. 2023年6月3日閲覧。 “ノートブック PC の充電向けに最大 100W およびコンピューターが駆動するアクセサリー向けに最大 15W の電源。”
  12. ^ Use high-impedance headphones with MacBook Pro (2021) and Mac Studio” (英語). Apple Support. 2022年3月27日閲覧。
  13. ^ a b c d Mac Studio の電力消費と熱出力 (BTU) に関する情報”. Apple Support. 2022年3月27日閲覧。
  14. ^ a b Mac Studio Product Environmental Report” (PDF). Apple (2022年3月4日). 2022年3月8日閲覧。

外部リンク 編集