FOMA N900iL(フォーマ・エヌ きゅう まる まる アイ・エル)は、NECによって開発された、NTTドコモ第三世代携帯電話 (FOMA) 端末製品である。

NTTドコモ FOMA N900iL
キャリア NTTドコモ
製造 日本電気
発売日 2004年11月16日
概要
音声通信方式 無線LAN (IEEE 802.11b)、FOMA (W-CDMA)
2GHz
形状 折りたたみ式
サイズ 102 × 48 × 27 mm
質量 120 g
連続通話時間 約140分間 (FOMA)
約140分間(無線LAN)
約80分間(テレビ電話
連続待受時間 約560時間(静止時)
約400時間(移動時)
外部メモリ miniSD
日本語入力 T9
FeliCa なし
赤外線通信機能 あり
リモコン機能は無効)
Bluetooth なし
ワンセグ なし
備考 法人向け端末
メインディスプレイ
方式 TFT液晶
解像度 240×320ドット (QVGA)
サイズ 2.2インチ
表示色数 65,536万色
サブディスプレイ
方式 STN液晶
解像度 120×30ドット
サイズ 0.9インチ
表示色数 4,096色
メインカメラ
画素数・方式 約100万画素スーパーCCDハニカム
機能 記録画素数200万
サブカメラ
画素数・方式 約11万画素CCD
機能 特になし
カラーバリエーション
シルバー
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

概要編集

N900iLは、NTTドコモの法人向けFMCモバイルセントレックス)、PASSAGE DUPLE(パッセージ・デュプレ)において提供される端末。2004年2月22日より販売されている N900i をベースに、最大11Mbpsの無線LAN (IEEE 802.11b) 通信機能を追加。FOMAと無線LANとを同時に待ち受けるデュアルモードにより、事業所構内では無線LAN接続による内線電話IP電話)を、外出先ではFOMA回線を利用しての通信と使い分けることを想定している。

形状はN900i同様のアークラインが特徴的な折りたたみ式で、カラーバリエーションはシルバーの一種類。無線LANモジュールを内蔵した関係で、暗所での撮影時に被写体を照らすライトは省略された。オペレーティングシステムLinuxを採用。N900iLは日本で初めてLinuxを搭載した携帯電話端末である。

販売されて間もなくから、「キーレスポンスが非常に鈍い」「通話から間もなく受話部が熱くなり苦痛」「無線LANでの内線通話時、AP切り替え失敗で途切れやすい」「電池の持ちが非常に悪い」などの不満が多数出ており、PASSAGE DUPLE全体の評判とは対照的に、システムの一角を担う本機そのものの評判はさほど良くはなかった。
後継機種であるN902iLではこれらの不満点が解消されていたため、N902iLの発売後に試験運用を経てN900iLからN902iLへ速やかに機種変更をする企業も見られた[1][2]

法人専用モデルのため、個人での購入はできない。

歴史編集

関連項目編集

参考文献編集

外部リンク編集