NGC 2841は、おおぐま座にある傾いた非棒状渦巻銀河である。当初は3000万光年離れていると考えられたが、2001年のハッブル宇宙望遠鏡によるこの銀河のケフェイド変光星の観測により、約4600万光年離れていると決定された[2]

NGC 2841
スピッツァー宇宙望遠鏡のデータから作られた赤外線画像
スピッツァー宇宙望遠鏡のデータから作られた赤外線画像
星座 おおぐま座
見かけの等級 (mv) 10.1[1]
視直径 8′.1 × 3′.5[1]
分類 SA(r)b[1]
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α)  9h 22m 02.6s[1]
赤緯 (Dec, δ) +50° 58′ 35″[1]
赤方偏移 638 ± 3 km/s[1]
他のカタログでの名称
UGC 4966[1], PGC 26512[1]
Template (ノート 解説) ■Project

構造編集

構造的には、NGC 2841は、アンドロメダ銀河とよく似た性質を持つ巨大渦巻銀河である[2]。渦状腕が不連続な羊毛状渦巻銀河のプロトタイプである[3]

また、NGC 2841は、若い青色の恒星が非常に多く、HII領域をほとんど持たないことでも知られる[4]

LINER放出編集

NGC 2841は、弱イオン化した原子からのスペクトル線によって特徴付けられる領域である低電離中心核輝線領域を含む[5]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h NASA/IPAC Extragalactic Database”. Results for NGC 2841. 2006年10月4日閲覧。
  2. ^ a b Macri, L. M.; Stetson, P. B.; Bothun, G. D.; Freedman, W. L.; Garnavich, P. M.; Jha, S.; Madore, B. F.; Richmond, M. W. (September 2001). “The Discovery of Cepheids and a New Distance to NGC 2841 Using the Hubble Space Telescope”. Astrophysical Journal (University of Chicago Press) 559 (1): 243-259. arXiv:astro-ph/0105491. Bibcode2001ApJ...559..243M. doi:10.1086/322395. ISSN 0004-637X. 
  3. ^ "A Near-Infrared Atlas of Spiral Galaxies", Debra Meloy Elmegreen, "CH3. Discussion" (accessed 23 April 2010)
  4. ^ Marochnik, Leonid; Suchkov, Anatoly (1995-11-01). Milky Way Galaxy (1st ed.). Routledge. p. 267. ISBN 2-88124-931-0 
  5. ^ L. C. Ho, A. V. Filippenko, W. L. W. Sargent (1997). “A Search for "Dwarf" Seyfert Nuclei. III. Spectroscopic Parameters and Properties of the Host Galaxies”. Astrophysical Journal Supplement 112 (2): 315-390. arXiv:astro-ph/9704107. Bibcode1997ApJS..112..315H. doi:10.1086/313041. 

外部リンク編集

座標:   9h 22m 02.6s, +50° 58′ 35″