NGC 313

うお座の三重星

NGC 313は、うお座三重星である。1850年11月29日に、ロス卿の助手をしていたビンドン・ストーニー英語版が発見した[2]

NGC 313
SDSSのデータから作成したNGC 313周辺の画像。
SDSSのデータから作成したNGC 313周辺の画像。
星座 うお座
位置
元期:J2000
赤経 (RA, α)  00h 57m 45.64s[1]
赤緯 (Dec, δ) +30° 21′ 57.9″[1]
他のカタログでの名称
HOLM 028C
Template (ノート 解説) ■Project

ニュージェネラルカタログでは、「とても暗く、極度に小さく、NGC 315から北西に1」と記されている[3]

3つの恒星はいずれも、ガイア衛星によって観測されており、その結果からすると、少なくとも3つの中で最も明るい恒星Pul -3 80159は、太陽からの距離が段違いに遠く、見かけだけの関係と考えられる[4][5]

出典編集

  1. ^ a b Results for object NGC 0313”. NASA / IPAC Extragalactic Database. Caltech. 2018年7月26日閲覧。
  2. ^ Seligman, Courtney. “New General Catalog Objects: NGC 300 - 349”. 2018年7月26日閲覧。
  3. ^ Dreyer, J. L. E. (1888), “A New General Catalogue of Nebulæ and Clusters of Stars, being the Catalogue of the late Sir John F. W. Herschel, Bart, revised, corrected, and enlarged”, Memoir of the Royal Astronomical Society 49: 1-237, Bibcode1888MmRAS..49....1D 
  4. ^ GPM 14.440412+30.365555 -- Star”. SIMBAD. CDS. 2018年7月26日閲覧。
  5. ^ Gaia Collaboration (2018), “Gaia DR2”, VizieR On-line Data Catalog: I/345, Bibcode2018yCat.1345....0G 

関連項目編集

外部リンク編集

座標:   00h 57m 45.64s, +30° 21′ 57.9″