メインメニューを開く

ONOMIMONO』(オノミモノ)は、2012年6月にワーナーミュージック・ジャパンよりリリースされたパスピエのメジャー1枚目、通算2枚目のアルバム。

ONOMIMONO
パスピエスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ロック
レーベル ワーナーミュージック・ジャパン
チャート最高順位
パスピエ アルバム 年表
わたし開花したわ
(2011年)
ONOMIMONO
(2012年)
演出家出演
(2013年)
ミュージックビデオ
トロイメライ - YouTube
デモクラシークレット - YouTube
プラスティックガール - YouTube
脳内戦争 - YouTube
テンプレートを表示
映像外部リンク
ダイジェスト映像
「プラスティックガール」 予告編

概要編集

  • パスピエのメジャーデビュー作であり、通算2枚目のアルバム。キャッチコピーは『新世代的電影時女夢想感覺樂隊』[1]
  • 2012年6月30日にはリリース記念インストアライブが行われた。
  • 収録楽曲の内、トロイメライ、デモクラシークレット、プラスティックガール、脳内戦争のミュージック・ビデオが制作されている。
  • デモクラシークレットのミュージック・ビデオでは、映画「ハイキック・ガール!」に主演している女優の武田梨奈が出演している。また、漫画「ジョジョの奇妙な冒険」のような擬音が随所に見られる。
  • タイトルは『わたし開花したわ』に引き続き回文になっている。

収録曲編集

  1. トロイメライ
    成田が10代の頃に既に作られていた曲。作詞に当たって大胡田は同名曲が収録されたロベルト・シューマン子供の情景』が「子供心を描いた、大人のための作品」であると知り「髪を切って新しく生まれ変わって」という歌詞の着想を得た[2]
  2. デモクラシークレット
  3. プラスティックガール
  4. 脳内戦争
    ギターソロは例外的に成田ハネダが弾いている。2015年に武道館公演で演奏された際は、成田がショルダーキーボードを持ってステージ上を闊歩した。成田の甥っ子が好きな曲。
  5. 気象予報士の憂鬱
  6. トリップ
  7. 最終電車
    パスピエには珍しいストレートな恋愛ソング。“瞬間をパッケージした”ような曲になっている[2]。サビの歌詞を大胡田は当初、“アンモナイトになりたい 海の底でゆらゆら”にするつもりだった[3]
  8. ただいま

規格品番編集

WPCL-11100

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ パスピエ 『ONOMIMONO』
  2. ^ a b http://natalie.mu/music/pp/passepied02/page/2
  3. ^ J-WAVE KINGS PLACE 2016年3月8日26時-放送回