メインメニューを開く

概要編集

鹿児島宇宙空間観測所(現内之浦宇宙空間観測所)における打ち上げ手順の確認を行う目的で開発された直径75mmの単段式固体燃料ロケットである。 "OT" は "Operating Test" の略[1]1962年2月2日、鹿児島宇宙空間観測所の起工式において1号機が打ち上げられ、鹿児島で打ち上げられた初めての観測ロケットとなった[2]

0T-76[3] や OT-75S[4] といった表記である場合もある。

飛翔実績編集

番号 飛翔日 到達高度 実験内容
1号機 1962年 2月2日 3km 実験場の特性調査
2号機 8月21日[3] - 実験場の特性調査、発射作業・光学観測の検討

出典編集

関連事項編集

外部リンク編集