Old 97とは、ファースト・メールとして公式に知られていたサザン鉄道列車であった。同列車は1902年12月(ケーシー・ジョーンズの死から2年後)に運行を始めた。列車はワシントンD.C.発ジョージア州アトランタ行きであった。1903年9月27日、バージニア州モンローからノースカロライナ州スペンサーへ向かう途中にバージニア州ダンビル付近のスティルハウス・トレッスル橋で脱線事故を起こした。

Wreck of the Old 97
事故現場の写真。事故の数日後に撮影されたと信じられている。転覆した機関車は起き上がっている。
事故現場の写真。事故の数日後に撮影されたと信じられている。転覆した機関車は起き上がっている。
発生日 1903年9月27日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
場所 バージニア州ダンビルスティルハウス・トレッスル橋
路線 Virginia Midland
運行者 サザン鉄道
事故種類 列車脱線事故
原因 速度超過
統計
列車数 1本
死者 11人
負傷者 7人
テンプレートを表示

目次

バラード編集

'Wreck of the Old 97'
G・B・グレイソンヘンリー・ホワイター楽曲
言語 英語
カバー ヴァーノン・ダルハート

この事故は、それを歌ったバラードでも知られる。事故はバラーダーのインスピレーション源となり、最も有名なのはバージニア州の音楽家のG・B・グレイソンとヘンリー・ホワイターにより初めて商業的にレコードされたバラードである[1]。ヴァーノン・ダルハート版は1924年にリリースされ (Victor Record no. 19427)、時々アメリカのレコード業界で初めてミリオンセラーとなったカントリーミュージックのリリースとして挙げられる[2]。それ以来、"Wreck of the Old 97"は数々の音楽家によりレコードされている。その曲はリンチバーグ周辺の鉄道員や船乗り、モンタナ州に暮らす感傷的なカウボーイの間で大人気となった。

"Wreck of the Old 97"はRoud Folk Song Indexの777番目に収録されている。

このバラードでは事故の責任は鉄道会社がスティーブ・ブローディー (Steve Broady) に圧力をかけたこと(これにより制限速度を超過した)にあると明言している。歌詞(ダルハート版)は以下のように始まっている。"Well, they handed him his orders in Monroe, Virginia, saying, 'Steve, you're way behind time; this is not 38 it is Old 97, you must put her into Spencer on time.'"

類似性など編集

1865年の歌The Ship that Never Returneden:The Ship that Never Returned)の詩とメロディの類似性などもあり、このバラードは複雑な著作権訴訟の焦点となった。

また、The Ship that Never Returnedやこのバラードは、カントリー・ミュージックに影響を与えた[3]Charlie on the MTAen:M.T.A. (song))などがある。

歌詞編集

Well they gave him his orders in Monroe Virginia
Sayin' Steve you're way behind time
This is not 38, this is ole' 97
You must put her into Spencer on time

So he turned around and said to his black greasy fireman
To shovel on a little more the coal
And when we cross that White Oak Mountain
You can watch ole' 97 roll

It's a mighty rough road from Lynchburg to Danville
It's a line on a three mile grade
It was on that grade that he lost his airbrakes
You can see what a jump he made

He was goin' down that grade makin' 90 miles an hour
When his whistle broke into a scream
He was found in the wreck with his hand on the throttle
Scalded to death by the steam

So ladies you must take warnin'
From this time on and learn
Never speak harsh words to your true lovin' husbands
They may leave you and never return

I said ladies you must take warnin'
From this time on and learn
Never speak harsh words to your true lovin' husbands
They may leave you and never return, They may leave you and never return

脚注編集

  1. ^ Deathly Lyrics: The Wreck of the Old 97, The Blue Ridge Institute and Museum
  2. ^ Vernon Dalhart, Nashville Songwriters Foundation
  3. ^ Scott, Alfred P. (1965年). “Wreck of the Old 97: The Origins of a Modern Traditional Ballad (pdf)”. 2011年11月25日閲覧。

外部リンク編集