メインメニューを開く

PAICS: parallelized ab initio calculation system)は、フラグメント分子軌道法(FMO法)をベースとした量子化学計算プログラムである。長崎大学大学院医歯薬学総合研究科の石川岳志により開発・管理されている[1][2][3][4]

PAICS
作者 石川岳志
最新版 / 2012年4月(7年前) (2012-04
プログラミング言語 C言語
対応OS LinuxUnixMicrosoft WindowsMac OS X
種別 計算化学
ライセンス プロプライエタリ
公式サイト http://www.paics.net/index.html
テンプレートを表示

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ PAICS - Parallelized ab initio Calculation System based on FMO”. 石川岳志. 2017年7月10日閲覧。
  2. ^ PAICS”. MateriApps. 2017年7月10日閲覧。
  3. ^ Kuwata, Kazuo (2012). “Non-commutative Geometrical Drug Discovery
    ^”. YAKUGAKU ZASSHI 132 (8): 873–879. doi:10.1248/yakushi.132.873. ISSN 0031-6903.
     
  4. ^ Kaneko, Hiromasa; Nakamura, Shinya; Kawahsita, Norihito (2016). “Practical Use of Compound-target Interactions in Chemistry and Drug Discovery
    ~A Chemoinformatics Approach~”. YAKUGAKU ZASSHI 136 (1): 95–96. doi:10.1248/yakushi.15-00230-F. ISSN 0031-6903.
     

関連項目編集

外部リンク編集