メインメニューを開く

PAZZ&JOPS(パズ・アンド・ジョップス)は、1988年10月3日から1998年3月の毎週月曜から金曜に放送されていたJ-WAVEラジオ番組である。

目次

概要編集

放送全期間に渡り、ジョン・カビラがナビゲーターを務めた。

タイトルは、JAZZの“J”とPOPSの“P”を入れ替えた通り、ジャズともポップスとも明確にカテゴライズし難く、また、この時間帯に相応しい落ち着いた楽曲を中心に放送した。

番組は月曜から木曜は隔日でニューヨーク発の素材とパリ発の素材を使用した番組、金曜日は完全に東京で制作した番組を放送していた。このうちパリ発は、フランス国営の国際放送局 ラジオ・フランス・アンテルナショナル (Radio France internationale) が素材を提供していた。

スポンサーは番組開始から1995年10月の番組改編までサッポロビールで、以降1997年12月まではマイクロソフト、それ以降はノンスポンサーだった。

1993年8月1日FM NORTH WAVEでネット開始。J-WAVEより1時間先行となる21時台に放送された。サッポロビールのスポンサー降板と同時に同局での放送は終了した。

1996年4月26日から、毎月最終金曜日は坂本龍一がスペシャル・ナビゲーターを務める「gut on-line」というコーナーで構成された。

番組に使われていたオープニング・テーマは、「Loco Motive」 (Eddie Gomez) 。エンディング・テーマは、当初「Last Train Home」 (パット・メセニー・グループ)だったが、後に「The Bounce」 (Vibraphonic) に変更された。

2013年12月15日、「J-WAVE SELECTION EUROPEAN FEVER PAZZ&JOPS from EUROPE」(22:00-22:54)として復活した。

放送時間編集

  • 月曜-金曜 21:55-22:55 (1988年10月3日-1991年9月)
  • 月曜-金曜 22:00-23:00 (1991年10月-1994年9月)
  • 月曜-金曜 22:00-22:50 (1994年10月-1995年9月)
  • 月曜-金曜 23:00-23:40 (1995年10月-1996年9月)
  • 月曜-金曜 23:00-23:30 (1996年10月-1998年3月)

ナビゲーター編集

コンピレーションCD編集

ジャズ・レーベルのGRPをはじめ、各レーベルとコラボレートした番組オリジナルのコンピレーションCDがリリースされている。

  • 『GRP & J-WAVE present PAZZ & JOPS』(1989年10月1日)
  • 『GRP & J-WAVE present PAZZ & JOPS 1991』(1990年10月1日)
  • 『GRP & J-WAVE present PAZZ & JOPS 1992』(1991年10月21日)
  • 『WAVE LABEL & J-WAVE present PAZZ & JOPS from Asia』(1991年3月25日)
  • 『GRP & J-WAVE present PAZZ & JOPS 1993』(1992年10月21日)
  • 『BMG VICTOR & J-WAVE present PAZZ & JOPS from Europe』(1993年5月21日)
  • 『EPIC SONY & J-WAVE present PAZZ & JOPS from Europe』(1993年5月21日)
  • 『WEA & J-WAVE present PAZZ & JOPS from Europe』(1993年5月21日)
  • 『MMG & J-WAVE present PAZZ & JOPS from Europe』(1993年5月25日)
  • 『POLYDOR & J-WAVE present PAZZ&JOPS from Europe』(1993年5月26日) [1]
  • 『PHONOGRAM & J-WAVE present PAZZ&JOPS from Europe』(1993年5月26日)
  • 『GRP & J-WAVE present PAZZ & JOPS 1994』(1993年10月21日)
  • 『GRP & J-WAVE present PAZZ & JOPS 1995 〜Soundtrack of New York City』(1994年11月23日)
J-WAVE 平日23:00枠
前番組 番組名 次番組
TOP PICKS!
PAZZ&JOPS
BMW SENSE & EMOTION