メインメニューを開く

PSIとは、もともとHenrry F. Schaefer III世英語版 (ジョージア大学)らの研究グループにより開発されたオープンソース第一原理計算パッケージである。 ハートリー-フォック法密度汎関数法をはじめとした様々な計算理論を用いて、量子化学計算を行うことができる[1][2][3]。 エネルギー計算だけでなく、構造最適化計算や振動数計算も実装されている[1][2]。 プログラムのコアな部分はC++で記述されているが、PythonAPIが提供されており、ユーザにより柔軟な設定や計算が可能になっている[1][4]

PSI4
作者 Daniel Crawford、David Sherrill、 Justin Turney、 Rollin King
開発元 The PSI4 Project
最新版 PSI4 1.1 / 2017年5月19日(2年前) (2017-05-19
プログラミング言語 C++Python
対応OS LinuxMicrosoft WindowsMac OS X
種別 計算化学
ライセンス GPL
公式サイト http://www.psicode.org
テンプレートを表示

PSI4が最新のリリースである。 GitHub上でGPLライセンスのもと、オープンソースソフトウェアとして頒布されている。現在の主な開発は、Daniel Crawford (バージニア工科大学)、 David Sherrill (ジョージア工科大学)、 Justin Turney (ジョージア大学)、 Rollin King (Bethel大学英語版)らによって行われている[1][4][5]

特徴編集

PSIで扱うことのできる主要な量子化学的手法を以下に示す[1]

CIS法RPA法運動方程式結合クラスター(EOM-CCSD)法などを用いて、励起状態計算を行うこともできる。また、露に相関した(explicitly-correlated)MP2-R12法や、CI波動関数による対角ボルン-オッペンハイマー近似補正(DBOC)の計算も利用可能である[1]

出典編集

  1. ^ a b c d e f Psi4: OPEN-SOURCE QUANTUM CHEMISTRY”. The PSI4 Project. 2017年7月6日閲覧。
  2. ^ a b Pirhadi, Somayeh; Sunseri, Jocelyn; Koes, David Ryan (2016). “Open source molecular modeling”. Journal of Molecular Graphics and Modelling 69: 127–143. doi:10.1016/j.jmgm.2016.07.008. ISSN 10933263. 
  3. ^ Thackston, Russell; Fortenberry, Ryan C. (2015). “The performance of low-cost commercial cloud computing as an alternative in computational chemistry”. Journal of Computational Chemistry 36 (12): 926–933. doi:10.1002/jcc.23882. ISSN 01928651. 
  4. ^ a b Turney, Justin M.; Simmonett, Andrew C.; Parrish, Robert M.; Hohenstein, Edward G.; Evangelista, Francesco A.; Fermann, Justin T.; Mintz, Benjamin J.; Burns, Lori A. et al. (2012). “Psi4: an open-sourceab initioelectronic structure program”. Wiley Interdisciplinary Reviews: Computational Molecular Science 2 (4): 556–565. doi:10.1002/wcms.93. ISSN 17590876. 
  5. ^ Parrish, Robert M.; Burns, Lori A.; Smith, Daniel G. A.; Simmonett, Andrew C.; DePrince, A. Eugene; Hohenstein, Edward G.; Bozkaya, Uğur; Sokolov, Alexander Yu. et al. (2017). “Psi4 1.1: An Open-Source Electronic Structure Program Emphasizing Automation, Advanced Libraries, and Interoperability”. Journal of Chemical Theory and Computation. doi:10.1021/acs.jctc.7b00174. ISSN 1549-9618. 

関連項目編集

外部リンク編集