Quartz 2D は、macOSiOStvOSの主要なグラフィックAPIのひとつであり、低レベルで軽量な2Dレンダリング機能を提供している。 APIはCore Graphicsフレームワークの一部として組み込まれているので、QuartzのことをCore Graphics(あるいはCG)と呼ぶこともある。[1]


概要編集

Quartz 2Dは、ビットマップ画像及びベクター画像、テキストをレンダリングする。macOSのアプリケーション環境で共通して利用でき、ディスプレイ表示とプリント時に使われる。

Quartz 2Dは次の機能を持っている[2]

  • Apple Type Services (ATS)によるテキストレンダリング
  • PDFドキュメントの表示・処理・レンダリング
  • PostscriptデータとPDFデータの相互変換
  • ImageIOクラスのビットマップ画像の処理、レンダリング
  • Aquaユーザインタフェースの表示

脚注編集

関連項目編集

macOSの他のグラフィックAPI編集

類似技術編集

外部リンク編集