メインメニューを開く

Quick, Draw!は、Googleが開発したオンラインゲームである。プレイヤーは何らかの物や形を描くよう要求され、その絵が何を表しているかをニューラルネットワークによる人工知能が予想する[2][3][4]。人工知能は新たな絵を認識するたびに追加学習し、以後さらに正しく予想する能力を向上させる[3]。コンセプトはPictionary英語版に似ている。ただし描ける時間制限は20秒である[2]。描くテーマは「足」の様なシンプルなものから、「動物の渡り」のような難しいものまである[4]。このゲームはGoogleの人工知能プロジェクトA.I. Experimentsの一環として制作されたゲーム集の中の一つである。

Quick, Draw!
ジャンル 推測ゲーム
対応機種 ブラウザ
発売元 Google A.I. Experiments
デザイナー Jonas Jongejan, Henry Rowley, Takashi Kawashima, Jongmin Kim, Ruben Thomson, Nick Fox-Gieg[1]
発売日 2016年11月
テンプレートを表示

ゲームプレイ編集

まずプレイヤーは何を描くか指定される。(例えばDraw a chair in under 20 secondsなど。)そして絵を描ける時間が20秒与えられる。描かれた絵を元に、描かれようとしているものが何かを人工知能が予想する。その絵が指定されたものであると適切に認識されればI know, it's a chair!といったメッセージが現れ、プレイヤーは次のラウンドに進める。Quick, Draw!は六ラウンドで構成されており、最後にプレイヤーがうまく描けなかったものについて、他のプレイヤーがどのように描いたかを確認することができる。

脚注編集

  1. ^ quick-draw”. 2016年11月28日閲覧。
  2. ^ a b Burgess, Matt. “You can now play a Pictionary-style game called Quick Draw against Google's AI”. Wired.co.uk. 2016年11月16日閲覧。
  3. ^ a b Lu, Wendy. “How Does Google "Quick, Draw!" Work? This Game Makes Learning About Artificial Intelligence Fun”. 2016年11月24日閲覧。
  4. ^ a b Capewell, Jillian. “Let A Computer Guess What You’re Drawing In This High-Tech Pictionary Game”. Huffington Post. 2016年11月21日閲覧。

外部リンク編集