メインメニューを開く

RAN-3Lは、イタリアのセレニア社が開発した2次元レーダーである。イタリア海軍ではMM/SPS-768の名称で制式採用され、主として対空捜索用として搭載された。

RAN-3L
C551 Garibaldi.jpg
ジュゼッペ・ガリバルディ」。艦橋上部に設置された大型の横長パラボラアンテナが、RAN-3Lのアンテナ
種別 2次元パルス・ドップラー・レーダー[1]
目的 対空捜索用
開発・運用史
開発国 イタリアの旗 イタリア
就役年 1966年(開発開始)
1975年艦隊配備)
別名 MM/SPS-768
送信機
周波数 Lバンド[1]
パルス 78.4マイクロ秒
※1.6マイクロ秒にパルス圧縮[1]
送信尖頭電力 135kW
アンテナ
形式 リフレクタアンテナ
直径・寸法 幅7.56m×高さ3.65m[1]
アンテナ利得 30dB[1]
ビーム幅 2.15°×9°[1]
走査速度 6rpm
方位角 全周無制限
探知性能
探知距離 150 nmi (280 km)[1]
精度 角度:0.4°
距離:70m[1]

RAN-3Lは、それまでイタリア海軍が使用してきたアメリカ合衆国製のAN/SPS-12AN/SPS-40の後継として開発され、高効率化のためのパルス圧縮機能や、移動目標識別英語版(MTI)機能付与やクラッター抑圧のためのパルス・ドップラー機能など、新技術を搭載した[1]

RAN-3Lは主に大型の駆逐艦などに搭載されたが、フリゲートに搭載するには重過ぎたため、同様の技術を用いながらも周波数Sバンドに変更するなどして小型軽量化を図ったRAN-10Sが新たに開発された。

搭載艦編集

参考文献・サイト編集

  1. ^ a b c d e f g h i Norman Friedman (1997). The Naval Institute guide to world naval weapon systems 1997-1998. Naval Institute Press. pp. 301. ISBN 9781557502681. http://books.google.co.jp/books?id=l-DzknmTgDUC. 

関連項目編集