メインメニューを開く

RGBアドベンチャー』(アールジービーアドベンチャー:RGB ADVENTURE)は、2006年11月19日から2007年1月21日までBS-iで毎週日曜9時30分-10時00分に放送されたアニメ作品。作品の制作会社はACCプロダクション。半年の放送が予定されたが、「制作会社の都合により放送継続が不可能になったため」との理由により、事実上の放送打ち切りとなった。

概要編集

光の三原色をテーマとしたSF冒険作品。

1998年にライドアトラクション向けに製作された同名の約8分間のフルCGアニメーション(原作モンキー・パンチ)のアイディアをもとにしているが、ストーリーやキャラクターなどはほぼ全面的に、新たに書き起こされている。

本作の放送決定以前は『ギルステイン』が放送予定だったが[1]、前番組の『MUSASHI -GUN道-』が急遽3週に渡り総集編を放送した後、本作が後番組になっていた。

ほぼ1クールで急遽打ち切りとなったが、理由とされる「制作会社の都合」がいかなる事柄だったかは明確にされていない。本作の放送が打ち切られた後、残りの放送分の話はドラマCDとして完結した。

ストーリー編集

RGBエネルギーを吸い取る暗黒思念・シャドウマスターによって滅ぼされたアトム系第5惑星ノアの住民、少女ロキと老人クエス。ロキは顔を失ってしまうが、クエスには何故か何の変化も起こらない。クエスはロキを連れて導きのヒカリ・宇宙の思念に出会い、使命を託され太陽系第3惑星のジャパを訪れることとなる。

その10年後、シャドウマスターに対抗する妖精であるロッソ、ギブソン、ボーの3人も太陽系第3惑星に到着する。「バディシステム」でレセプター(受容体)と融合合体し戦士に変身できる彼らは、それぞれがブタ、バイソン、ウサギの姿を借りて、自分たちのパートナーとなる人間を捜す。少年リュウはひょんなことから宇宙の思念に出会い、ロッソからレセプターとして選ばれる。同じころ、ボーはベッキーをレセプターとして選び出していた。

シャドウマスターも太陽系第3惑星に、怪物を作り出し融合合体できる部下、ロンメルン将軍、Dr.ゴズー、バンバンジーを送り込み、この星のRGBエネルギーを吸い取り滅亡させることを企む。こうして、リュウたちの、シャドウマスター軍団との戦いが始まる。

キャラクター編集

スタッフ編集

1998年に製作された同名アニメーションの原作はモンキー・パンチだが、本作では菅谷信行が原作者としてクレジットされている。

  • 原作・製作総合プロデューサー - 菅谷信行
  • 監督・キャラクターデザイン - 木下ゆうき
  • 助監督 - たちかわ夕一
  • シナリオ - 酒井直行
  • 音響監督 - 飯田里樹
  • 音楽製作 - コロムビアミュージックエンターテイメント
  • 美術監督 - 中原英統
  • 作画監督 - 須田正巳、木下ゆうき、後藤孝宏、姜致根
  • 絵コンテ - 福冨博、木下ゆうき、奥田誠二、勝間田具治、牧野ゆきひろ、国立秀雄、山口美浩、餅田隆幸
  • 協力 - 代々木アニメーション学院
  • 製作・著作 - ACCプロダクション

主題歌編集

1話 - 4話までは主題歌なし。

オープニング「GO!GO!RGBアドベンチャー」(5話以降)
歌 - SOTA
エンディング
「デス!デス!RGBデスロード」(5話 - 6話)
歌 - 斧アツシ、葛城政典、伊丸岡篤
「メカウサギ」(「番外編」以降)
歌 - ロミオ

各話リスト編集

放送開始の2週前から前編後編の2回に分け同時間帯において放送を行った。内容はシナリオ担当の酒井直行(前・後編)と監督の木下ゆうき(後編のみ)へのインタビューと1998年に遊園地向けのアトラクションに使用するムービーとして製作されたCGアニメーションの英語版と日本語版(音声を入れ替えただけ)と絵コンテの紹介などを行った。

第1話の冒頭において、色の三原色に関する解説ナレーションがあるが、5話目以降からはオープニングソングが挿入され、ナレーション部分は削除された。

話数 サブタイトル 放送日 補足
メイキングスペシャル前編 2006年
11月5日
1998年製作のCGアニメーションの英語版などを放送。
メイキングスペシャル後編 11月12日 1998年製作のCGアニメーションの日本語版、アフレコ済みの白味線映像などを放送。
第1話 カラーレセプターに選ばれた! 11月19日 投資情報サイトやBS-iの番組紹介ページでは「カラーレセプターに選ばれた?」となっている。
第2話 三人目は小心者 11月26日 -
第3話 透明人間現る 12月3日 -
第4話 環境破壊株式会社 12月10日 放送時では「地球環境破壊推進株式会社」となっている。
第5話 ドクターコエンザイムの幽霊船 前編 12月17日 -
第6話 ドクターコエンザイムの幽霊船 後編 12月24日 実質的な最終回となった。
番外編 Another Adventure・ロキ 2007年
1月14日
編集による番外編。
総集編 レセプター3出動じゃ!! 1月21日 本放送をもって番組終了。
(以下は未放送)
(第7話) 上司現る (1月7日) -
(第8話) バンバンジーとバラード (1月14日)
(第9話) アトンの謎 (1月21日)
(第10話) エアコンパニック (1月28日)
(第11話) 地球破壊作戦 (2月4日)

ドラマCD編集

  • RGBアドベンチャー完結編(2007年5月11日発売)
    発売中止となった「MUSASHI BOX(仮)」とほぼ同時期に発表。帯には「打ち切り」の単語が連続で書かれる。

脚注編集

  1. ^ 『月刊テレパルエフ』2006年11月号、小学館、p168-172.

外部リンク編集

裁判関連
BS-i 日曜9:30アニメ枠
前番組 番組名 次番組
RGBアドベンチャー
(本作品を以ってアニメ枠終了)
テレビショッピング枠に変更