メインメニューを開く

S-180(エス イチハチマル)は、かつてパイオニアのホームAV事業部(現・オンキヨー&パイオニア)から製造・発売されていた大型ブックシェルフ型3ウェイスピーカーシステムである。

最終型の発表まで、改良を加えた複数の種類がある。

目次

概要編集

沿革編集

S-180シリーズ編集

  • S-180 1978年発売。 
  • S-180A 1980年発売。エンクロージャーの仕上げおよびトゥイーターユニットの変更などの改良が挙げられる。シリーズ中一番のベストセラーモデルとなった。
  • S-180 III 1982年発売。このモデルよりウーファーの材質が変更され(コーン紙 → カーボングラファイトコーン)、更にトゥイーターがハードドーム型からリボン型に変更。
  • S-180D 1984年発売。S-180 IIIを元にボイスコイルおよび各ユニットの振動板、磁気回路、エンクロージャー等の改良を実施。
  • S-1800DV 1985年発売。S-180Dを元にAV用途に特化。防磁設計。S-180シリーズの実質的な最終モデル。

関連項目編集

外部リンク編集