メインメニューを開く

SARASA(サラサ)は、日本の文具メーカー「ゼブラ」が販売するゲルインクボールペンである。2000年に販売開始。

2003年に発売したサラサクリップは再生プラスチックの利用でのエコマーク認定商品。以後はこちらのラインナップを拡充するようになり、2000年モデルは次第に規模が縮小されていく。

2016年にはサラサとしては初、同社のゲルインクボールペンとしてもジェルビー以来となる1000円モデル「サラサグランド」が発売された。

2018年、「プレフィール」に代わるカスタマイズ筆記具として「サラサセレクト」が発売。豊富なカラーリフィル数本を1つの本体にセット出来ることを前面に打ち出した。

2019年現在、同社が販売するゲルインクボールペンは全てSARASAブランドに統一されている(一部の限定品除く)。

目次

ラインナップ編集

  • サラサ 0.5/0.7/1.0 カラー:黒/赤/青/ブルーブラック(0.5mmのみ) 替芯:JF-0.5/0.7/1.0芯。
  • サラサクリップ 0.3/0.4/0.5/0.7/1.0 カラー:黒/赤/青/ブルーブラック/(ここからは1,0の販売なし)ペールブルー/ライトブルー/緑/ライトグリーン/オレンジ/ピンク/マゼンタ/ライトピンク/コバルトブルー/ビリジアン/黄/グレー/ブルーグリーン/レッドオレンジ/茶 替芯:JF-0.3/0.4/0.5/0.7/1.0芯。
    • 0.5mmのみ搭載の色:ミルクブルー/ミルクレッド/ミルクグリーン/ミルクピンク/ミルクパープル/ミルクオレンジ/ミルクホワイト/ミルクブルーグリーン/ネオンイエロー/ネオングリーン/ネオンオレンジ/ネオンパープル/ネオンピンク/ブルーグレー/グリーンブラック/ダークブルー/レッドブラック/ブラウンブラック/マーブルカラー(3色のインクが混ざったもの)(5種類)
    • 1.0mmのみ搭載の色:金/銀/銅/シャイニーレッド/シャイニーブルー/シャイニーピンク/シャイニーオレンジ/シャイニーグリーン/シャイニーパープル
  • サラサスティック 0.3/0.4/0.5/0.7/1.0(0.3と0.4はニードルチップ)サラサクリップのカラーラインナップからペールブルーが除かれ、新たに紫が追加された。 現在では生産終了。替芯:JT-0.3/0.4、JF-/0.5/0.7/1.0芯。
  • サラサ3/サラサ4 多色タイプ(黒/青/赤/緑) 替芯:JK-0.5芯
  • サラサ2+S/サラサ3+S 多色(黒/青/赤)+シャープペン 替芯:JK-0.5芯 替消しゴム:J
  • サラサマルチ 多色(黒/青/赤/緑)+シャープペン 替芯:NJK-0.4/0.5芯 替消しゴム:J
  • サラサドライ カラー:黒/赤/青 替芯:JLV-0.4/0.5/0.7芯
    • 0.4、0.5にはパステルカラー軸も存在(インク色は黒)。
  • サラサグランド インク色は黒のみ。替芯:JF-0.4/0.5芯
  • サラサセレクト (黒/赤/青/ブルーブラック/ペールブルー/ライトブルー/緑/ライトグリーン/オレンジ/ピンク/マゼンタ/ライトピンク/コバルトブルー/黄/ブルーグリーン/レッドオレンジ/茶) 替芯:NJK-0.3/0.4/0.5芯
  • サラサマークオン(黒/赤/青)替芯:MJF-0.4/0.5芯
    • 蛍光ペンで上から引いても滲まない特殊なインクを配合。
  • サラサスタディ(黒/赤/青)替芯:BJF-0.5芯
    • 中芯に目盛りが搭載。インクが減る度に使用者が得られる達成感をアシストする。

特徴編集

  • SARASAについては、他社のゲルインク製品より多機能化したものが多く、2012年にパイロットからジュース(「ジュース」というシリーズ名のボールペン製品。飲用のジュースのことではない)が発売されるまで他社にはなかった「可動式バインダークリップを有するボールペン(サラサクリップ)」がある。
  • 0.5mmはカラーバリエーションが非常に豊富で、特に2016年発売したビンテージカラーは軸全体にもインク色と同じ塗装が入るこだわりが見られる(ただし、ダークブルーのインキ色はブルーブラックとなっている)。

その他編集

外部リンク編集