sfida(スフィーダ)は、株式会社イミオが運営するフットボールブランド[1]。sfidaはイタリア語で「挑戦」の意。

ブランドメッセージ編集

FOR THE CHALLENGER
『自分の夢やチームの目標に向かって、逃げずに何度でも挑んでいく。そんな世界中の挑戦者たちを、全力でサポートし続けていくこと。それが私たちの使命です。』としている[2]

サービス編集

  • FOOTBALL ZOO(フットボール ズー)
    kids向けミニボールシリーズ。[3]
  • sfida XU(スフィーダ クロスユー)
    オリジナルユニフォームのシミュレーションサービス。[4]

契約編集

選手編集

チーム編集

リーグ編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 「Promoted by:sfida」の表記あり。

出典編集

  1. ^ 事業内容 株式会社イミオ – 商品に意味を –”. イミオ. 2017年2月21日閲覧。
  2. ^ SFIDAについて SFIDA 公式サイト フットサル用品・サッカー用品”. イミオ. 2017年2月21日閲覧。
  3. ^ sfida × サッカーキング キッズモデル撮影会レポート【sfida sports park 大阪】 サッカーキング”. イミオ[注釈 1]フロムワン (2016年12月28日). 2017年2月21日閲覧。
  4. ^ ROOTS フットボールカルチャーマガジンルーツ 副編集長に加藤未央が就任し、サッカーやフットサルといった多様なフットボールと人物に迫るインタビュー、コラム、動画などを掲載する「フットボールカルチャーマガジンルーツ」。ルーツで、あなたのライフスタイル”. イミオ. 2017年2月21日閲覧。
  5. ^ a b フットボールブランド「SFIDA」がビーチサッカー日本代表・後藤崇介とスポンサーシップ契約を結ぶデジタルピヴォ! [フットサル総合ポータルサイト]”. Pivo!. 2017年2月21日閲覧。
  6. ^ 【SFIDAお知らせ121107】スポンサーシップ契約締結のお知らせ ~ビーチサッカー後藤崇介選手(インテルBS所属-日本代表)~ - 株式会社イミオのプレスリリース”. イミオ、バリュープレス (2012年11月7日). 2017年2月21日閲覧。
  7. ^ SFIDA、チョン・テセ(北朝鮮代表)選手ら 3選手とスポンサーシップ契約を締結! ~挑戦心あふれる姿勢と個性に共鳴~ [ まるごと広報代行サービス PRナビ リリース無料掲載中! ]”. イミオ、PRナビ. 2017年2月21日閲覧。
  8. ^ フウガドールすみだが「SFIDA」とサプライヤー契約 FutsalEDGE”. ユーロプラスインターナショナル (2015年3月2日). 2017年2月21日閲覧。
  9. ^ 「スフィーダ」がFC琉球のサプライヤーに、ジーンズをモチーフにした新ユニフォーム発表 Fashionsnap.com”. レコオーランド (2017年1月11日). 2017年2月21日閲覧。
  10. ^ 本田好伸 (2016年1月8日). “ROOTS フットボールカルチャーマガジンルーツ 副編集長に加藤未央が就任し、サッカーやフットサルといった多様なフットボールと人物に迫るインタビュー、コラム、動画などを掲載する「フットボールカルチャーマガジンルーツ」。ルーツで、あなたのライフスタイル”. イミオ. 2017年2月21日閲覧。
  11. ^ SFIDA、日本ブラインドサッカー協会と オフィシャルボールサプライヤー締結 (PDF)”. イミオ、日本ブラインドサッカー協会 (2015年4月8日). 2017年2月21日閲覧。
  12. ^ 日本フットサルリーグ(Fリーグ)と オフィシャルスポンサー契約締結  株式会社イミオ – 商品に意味を –”. イミオ (2015年4月10日). 2017年2月21日閲覧。
  13. ^ 2016-2017年開催の EAFF E-1フットボールチャンピオシップ sfida ブランドでのオフィシャルサプライヤー契約を締結 (PDF)”. イミオ (2016年11月1日). 2017年2月21日閲覧。

外部リンク編集