メインメニューを開く

Stridsvagn m/42、略称Strv m/42は初めて75mm級の砲を搭載したスウェーデン製の軽戦車である。この車輌はまたランズベルク社製のラーゴII、III、IVとしても知られる。

Stridsvagn m/42
Strv m42.JPG
Stridsvagn m/42 (1943)
種類 軽戦車
原開発国  スウェーデン
運用史
配備先  スウェーデン
関連戦争・紛争 第二次世界大戦
開発史
開発者 AB ランズベルク
製造業者 AB ランズベルクボルボ
製造期間 1943年4月から1945年1月
製造数 282輌
派生型 Strv m/42 TM (1943年から44年)[1]
Strv m/42 TH (1944年)[1]
Strv m/42 EH (1944年から45年)[1]
Strv m/42 TV (1948年)[1]
Ikv 73 (1957年から60年)[1]
Strv 74 (1957年から60年)[1]
諸元 (Strv m/42)
重量 22.5t[2]
全長 THは6.215m[1]
EHは6.22m[1]
全幅 2.34m[1]
全高 2.585m[1]
要員数 4名[1][2]

装甲 9mmから55mm[1]
主兵装 75mm m/41砲 L/34[1]
副兵装 8mm m/39機関銃、4挺[1]
エンジン TM、THおよびTVスカニア・バビス603/1 2機[1]
EHボルボA8B 1機[1]
出力重量比 TMおよびTH 14.5 hp/ton
EH 16.9 hp/ton
変速機 TM、ZF 6速電磁式[1]
TH、アトラス・ディーゼル DF-1,0 2機
アトラス・ディーゼル TER-1/1,81[1]
EH型、アトラス・ディーゼル DF-1,15 S
アトラス・ディーゼル TER-1/1,67[1]
TV型 ランズベルク S-8082 +
ボルボ VL 420[1]
懸架・駆動 トーションバーサスペンション
速度 42km/h[1][2]
テンプレートを表示

1941年11月に最初に就役し、当時としては完全に水準を満たした戦車である。兵装は75mm L/34砲であり、良好な装甲と機動性を持っていた。

設計編集

Strv m/42には原型が存在する。1930年代後半、AB ランズベルク社の社内呼称により、ラーゴ軽戦車と呼ばれた車輌がハンガリー陸軍のために生産されていた。

この車輌は車重16t、57mmカノン砲と機関銃3挺を装備していた。ラーゴ軽戦車もまた、ランズベルク社のStrv L-60軽戦車から開発された車輌である。スウェーデン陸軍はラーゴ戦車よりも大型で良好な戦車を指定し、この結果はStrv m/42、後にはStrv m/42 TMと呼ばれる戦車となった。この車輌の車重は22t、装甲車両とソフトスキン車輌に対抗するため75mm L/34砲を装備し、ドイツ軍7.5 cm StuK 37 L/24と同様の性能を発揮した。Strv m/42 TMの変速装置は良好に機能せず、これらの車輌はStrv m/42 THとしても製造された。これらは新規の機械式変速装置を装備することがあり、Strv m/42 TVと呼ばれた。

生産編集

1941年11月、100輌のStrv m/42が発注された。全車両が電磁式変速装置を装備している。Strv m/42 TMのTとはエンジンが2機であることを意味し、Mは電磁式であることを意味する。1942年1月、さらにまた60輌のStrv m/42が発注された。この生産ではボルボ社のライセンスの下で製造が行われ、最初の55輌には2機のスカニア・バビス603エンジンが装備された。また最後の5輌には新型エンジンが搭載された。これはボルボ A 8Bである。全ての車輌は最初の生産車輌が有した電磁式変速装置を新型の油圧式変速装置に交換しており、これらは全て改修が施されていた。エンジン1機を装備した車輌はStrv m/42 EHと呼称された。

1942年6月、また別に80輌がランズベルク社から発注され、内訳は70輌がStrv m/42 TH、10輌がStrv m/42 EHだった。1943年4月から1945年1月の期間中に282輌のStrv m/42が完成し、うち180輌はランズベルク社によって作られていた。102輌はボルボ社による。車輌の大多数すなわち225輌にはスカニアエンジンが搭載された。他の57輌にはボルボ社のエンジンが載せられている[2]

1957年から1960年にかけ、225輌生産されたStrv m/42 THおよびm/42 TV(全車がstrv m/42に2機のスカニア・バビス603エンジンを搭載したもの)がStrv 74へと作り直され、またEH型車輌(strv m/42にボルボ社製エンジンを積んだもの)はIkv 73歩兵支援車輌へ作りかえられた。砲塔は主要な海岸線に沿って配備される固定式の砲搭載トーチカに再利用されたが、しかし大部分は港湾、また希には空港の防衛に用いられた[2]

就役編集

Strv m/42は以下の機甲連隊に配備された[2]

  • P 1/Enköping - Gotland stridsvagnskompani(ゴットランド機甲中隊)
  • P 2/Helsingborg
  • P 3/Strängnäs
  • P 4/Skövde - ここでの本車は新規に設立された戦車中隊に編成された。

Strv m/42は機甲旅団の重戦車中隊にも採用された。これらは1950年代に一線の任務から退役していき、Stridsvagn 81に代替された。

派生型編集

Strv m/42は4つのバージョンで発注されている。形状は3種である[2]

Strv m/42 TM
(ラーゴII)エンジン2機を装備する。電磁式の変速装置を持つ。1943年から44年に製造。
Strv m/42 TH
(ラーゴIII)エンジン2機を装備する。油圧式の変速装置を持つ。1944年製造。
Strv m/42 EH
(ラーゴIV)エンジン1機を装備する。油圧式の変速装置を持つ。1944年から45年に製造。
Strv m/42 TV
エンジン2機を装備する。油圧式の変速装置を持つ。1948年製造。

登場作品編集

World of Tanks
スウェーデン中戦車Strv m/42として開発可能。

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w Stridsvagn Lago II/III/IV m/42”. Landsverk. 2012年5月16日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g Stridsvagn m/42”. Beredskapsmuseet. 2012年5月16日閲覧。

参考文献編集

外部リンク編集

  • Swedish armor – Web page dedicated to the Swedish armor.
  • Beredskapsmuseet - スウェーデンの博物館。
  • Landsverk - 1850年から1992年に関するAB ランズベルクに関するサイト。