メインメニューを開く

Systemwalker(システムウォーカー)は、InterstageSymfoware Serverと並ぶ、富士通3大ミドルウェアのひとつで、Interstageがシステム構築、Symfowareがデータベースソリューションに対して、Systemwalkerは運用管理を主に行う製品群である。運用ツールとしての国内シェアは20%以上でトップクラスである。2014年2月現在の最新のバージョンは15.0である。

Systemwalker
開発元 富士通
最新版 15.0 / 2013年11月25日
対応OS Microsoft Windows、UNIX、Linux
対応言語 日本語、英語
種別 運用管理
公式サイト http://systemwalker.fujitsu.com/jp/
テンプレートを表示

歴史編集

1995年に日本初の統合運用管理製品である「MpWalker/JM」という製品名として発売されたが、その後、「SystemWalker」という製品名となり、3大ブランド名の統一のため「Systemwalker」という現在の名前となっている。 サーバの運用管理だけでなく、Systemwalker Desktopシリーズの製品ではパソコン向けのセキュリティ管理の製品も提供する。

製品編集

Systemwalkerブランドの製品には、以下のように幅広い製品が存在する。

  • ライフサイクル管理
    • Systemwalker Centric Manager
  • ジョブ管理
    • Systemwalker Operation Manager
  • 性能管理
    • Systemwalker Service Quality Coordinator
  • 運用自動化
    • Systemwalker Runbook Automation
  • セキュリティ管理
    • Systemwalker Desktop Patrol
    • Systemwalker Desktop Keeper
    • Systemwalker PKI Manager
  • ネットワーク管理
    • Systemwalker Network Manager
  • インシデント・問題管理
    • Systemwalker IT Service Management
  • 変更・構成管理
    • Systemwalker Software Configuration Manager

特徴編集

Systemwalker Centric Managerを利用してシステム全体のライフサイクルを管理し、システム要件に合わせてその他のSystemwalker製品を導入する使い方が一般的である。 システムが正常に稼働しているか監視する場合、何をどのように監視するかを監視ポリシーに定義し、監視対象に対して監視ポリシーを配付することで監視がはじまる。

名称編集

「Systemwalker」の名称の由来は、統合運用管理製品として、システム全体を管理するという意味である。その他、グローバル市場への積極的な展開のため、英語圏の母語話者にとってわかりやすく、発音しやすい名称を意識して名付けられた。

競合製品編集

外部リンク編集