メインメニューを開く

TADコーポレーションは、かつて存在したゲーム会社。データイーストの元社員である横山 "TAD" 忠らによって設立された会社で、東京都三鷹市に本社を置いていた[1][2][3][4]

TAD Corporation
企業形態 株式会社
業種 ゲーム会社
その後 消滅
解散 1993年2月5日[1][2][3]
本社 東京都三鷹市下連雀3-31-2 [4]
主要人物 横山忠 (代表)
テンプレートを表示

概要編集

データイーストからのスピンオフ組だけあって、ゲームの作風はデータイーストによく似ている。社長の横山忠はデータイーストUSAにいたことがあり、海外に強かった。特に海外では『カベール』と『JuJu伝説』がヒットし、多くのコンシューマー機に移植されている。

1993年に倒産し、[1][2][3]、一部のメンバーはミッチェルに移籍した。

元TADのロイ尾崎の父親は、ミッチェルの設立者。ミッチェルは元々ロイ尾崎の父が1960年代に設立した貿易会社で、日本の業務用ゲームを海外に輸出する仕事を行っていたが、特にカプコンと関係が深く、1980年代末に宇田敏彦(代表作『ポンピングワールド』、2002年より京都コンピュータ学院で後進の育成に努めていたが2013年に死去)や四井浩一(代表作『ストライダー飛竜』『キャノンダンサー』)といった元カプコン開発者が移籍し、TAD倒産時はゲームの自社開発を行うようになっていた。TAD移籍組の合流後、ロイ尾崎がミッチェルの社長となる。

元TADの西澤孝と佐久間明(代表作『サイコニクス・オスカー』、現在は佐久間晶)はユースに移籍。プレイステーション版の『ストライダー飛竜1&2』などを手掛けたが、その後ゲーム業界から足を洗ったという。

旧TADの作品の版権は元社長の横山忠が持っている。

作品編集

出典編集