メインメニューを開く

TOKYO GIRL」(トーキョー・ガール)は、川畑要のソロデビューシングル2012年10月3日に発売された。

TOKYO GIRL
川畑要シングル
リリース
ジャンル J-POP
レーベル デフスターレコーズ
チャート最高順位
川畑要 シングル 年表
TOKYO GIRL
2012年
breakthrough/Let's Say I Do
2013年
テンプレートを表示

目次

解説編集

2012年6月24日、川畑はTwitterにて1週間内に候補曲「Flyin' to the sunrise」と「TOKYO GIRL」(2010年8月27日、「JOY LIVE! supported by Future Tracks→R〜JOY 1st Anniversary〜」にて「KANAME」として披露、振付はRuiが担当[1])の試聴公開、意見を募集し「TOKYO GIRL」が10月3日発売となった。

初回限定盤AにはディレクターはAT、川畑、Rui、KEiSUKE、NOSUKE、TOMONORI、かでなれおんが出演した「TOKYO GIRL」PV・メイキング、2011年「ソロツアー2011 -breakthrough-」ダイジェストが収録、初回限定盤B、通常版があり、通常盤には2012年「CHEMISTRY TOUR 2012 -Trinity-」にて披露した「Sweet Pain」が収録。9月29日大阪「あべのキューズモール」、10月5日ダイバーシティ東京、6日たまプラーザ、7日アリオ亀有にて先着購入者限定握手会・抽選会を開催。

「TOKYO GIRL」は『ハッピーMusic』の10月度オープニングテーマであり、川畑自身はTwitterでの候補曲発表前に2009年に制作した「TOKYO GIRL」が良いと思い[2]、タイトルを名づけたSTYは、歌詞について「クラブでひときわ目立つ綺麗な女の子」をイメージしているという。

「Let it go」は「Sweet pain」のアンサーソングとなり、ソロとしてスタートする川畑の心境が歌詞に反映されている[3]

チャート成績編集

  • 2012年10月15日付のオリコンウィークリーチャートで8位を記録。CHEMISTRYとして活動していた時期は、2007年12月5日にリリースされた「輝く夜」以降シングルでのトップ10入りを果たせていなかったため、川畑自身にとっては約5年ぶりのトップ10入りとなった。

収録曲編集

初回限定盤編集

  1. TOKYO GIRL[3:30]
    作詞:STY、作曲:STY、UTA/編曲:UTA
  2. Let it go[3:32]
    作詞:谷口尚久・川畑要、作曲:谷口尚久・川畑要、UTA/編曲:UTA、川畑要
  3. 歩いて帰ろう斉藤和義のカバー)[4:40]
    作詞、作曲:斉藤和義/編曲:斉藤和義・松尾一彦・谷口尚久・川畑要
DVD
  • A:
  1. TOKYO GIRLミュージック・ビデオ
  2. TOKYO GIRL MAKING
  3. 「ソロツアー2011 -breakthrough-」ダイジェスト
  • B:
  1. 川畑 要の全力スロープ
  2. 新人アーティスト <川畑 要>の忙しい1日
封入特典
  • 生写真3種中1種

通常盤編集

  1. TOKYO GIRL
  2. Let it go
  3. 歩いて帰ろう(斉藤和義のカバー)
  4. Sweet Pain (Trinity Tour Ver) [5:24]
    作詞・作曲:川畑要・谷口尚久、編曲:谷口尚久
初回封入特典
  • 生写真3種中1種

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ FutureTracks→R
  2. ^ 2012年10月号「Men's egg」川畑インタビュー
  3. ^ 「ザ・テレビジョン」2012、No39

外部リンク編集