Tears (Tiaraのアルバム)

Tears』(ティアーズ)は、日本の歌手Tiaraの2枚目のオリジナル・アルバム2011年2月16日発売。

Tears
Tiaraスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル R&BJ-POP
レーベル クラウンレコード/playlist Zero
Tiara アルバム 年表
Message for you
2010年
Tears
2011年
『Tears』収録のシングル
  1. ヒカリ
    リリース: 2010年8月18日
  2. 愛しすぎて
    リリース: 2010年11月24日
テンプレートを表示

解説編集

前作から9ヶ月ぶり、デビュー後2作目のアルバムである。CDジャケットのジャケットデザインは、アートディレクターの吉田ユニが手がけた。「涙で溺れてしまった」というコンセプトの元、プールでの水中撮影が行われた。後のインタビューでTiara本人は「息を止めての撮影で、メイクも落ちてしまい大変だったが頑張って良かった」と語っている。「人は様々な涙を通して成長している。聴いた人の心が涙を流した後のように浄化されるようなアルバム」でありたいと語っている。

参加アーティスト編集

So'FlyK.J.傳田真央露崎春女

批評編集

専門評論家によるレビュー
レビュー・スコア
出典評価
WHAT's IN?肯定[1]

WHAT's IN?』の大野貴史は、アルバムタイトルが表す様に「切ない楽曲」が中心だとコメントし、「後半は恋の始まりを描いたM9、傳田真央とタッグを組んだ軽やかなM10、YANAGIMANプロデュースの母性で聴き手を包み込むようなM13など、だんだん涙が乾いていく印象。いずれも淡い水彩画のような歌声が心地よい。」と批評した[1]

収録曲編集

  1. もう誰にもとられたくない feat. So' Fly
    • 作詞:Tiara , GIORGIO 13 / 作曲:GIORGIO CANCEMI / 編曲・プロデュース:GIORGIO CANCEMI
    • リードシングルとして1月より先行配信された。
  2. 愛しすぎて
    • 作詞・作曲:Tiara / 編曲・プロデュース:Soundbreakers
    • 5thシングル
  3. 嘘でもいいから
    • 作詞・作曲:Tiara / 編曲・プロデュース:Soundbreakers
  4. 桜 〜君がいた場所〜 feat. K.J.
    • 作詞:河口恭吾, Tiara ,Kohei Sakama / 作曲:河口恭吾, 3rd Productions
    • リードシングルとして2月より先行配信された。
  5. 〜Tears〜
    • Produce by Tiara & BU-NI
  6. 「ごめんね。」
    • 作詞・作曲:Tiara / 編曲・プロデュース:Ricky
  7. PURIFY
    • 作詞:MONA / 作曲・編曲・プロデュース:Ryosuke"Dr.R"Sakai
  8. もう一度だけ
    • 作詞・作曲:Tiara / 編曲・プロデュース:Ricky
  9. Be Mine
    • 作詞・作曲・プロデュース:露崎春女 / 編曲:井上大輔, 露崎春女
  10. Girls be ambitious! with 傳田真央
    • 作詞・作曲・プロデュース:傳田真央 / 編曲:傳田真央, UTA
  11. 〜Voice〜
    • Produce by Tiara & BU-NI
  12. 会いたい
    • 作詞:沢ちひろ/ 作曲:財津和夫 / 編曲・プロデュース:松浦晃久
  13. ヒカリ
    • 作詞:Tiara / 作曲・編曲・プロデュース:YANAGIMAN
    • 4thシングル。
  14. 未来へと
    • 作詞:Tiara / 作曲・編曲:BU-NI

タイアップ編集

もう誰にもとられたくない feat. So'Fly
日本テレビ系「ハッピーMusic」2月エンディング・テーマ
愛しすぎて
テレビ朝日系『木曜ミステリー』2010年10月期に放映された『京都地検の女』第6シリーズ主題歌
「ごめんね。」
OAD「×××HOLiC・籠 あだゆめ」エンディングテーマ
ヒカリ
日本テレビ系「ハッピーMusic」8月オープニング・テーマ

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 大野貴史 (2011年2月). “Tears” (日本語). WHAT's IN?. ソニー・マガジンズ. 2011年2月22日閲覧。

外部リンク編集