Template:Infobox airport

{{{name}}}
{{{nativename}}}
{{{nativename-a}}}
{{{nativename-r}}}
[[File:{{{image}}}|frameless|upright=1]]
{{{caption}}}
IATA: {{{IATA}}}ICAO: {{{ICAO}}}
概要
標高 ft /  m
座標{{{coordinates}}}
滑走路
方向 全長 表面
ft m
{{{r1-number}}} {{{r1-length-f}}} {{{r1-length-m}}} {{{r1-surface}}}
{{{r2-number}}} {{{r2-length-f}}} {{{r2-length-m}}} {{{r2-surface}}}
ヘリパッド
番号 全長 表面
ft m
{{{h1-number}}} {{{h1-length-f}}} {{{h1-length-m}}} {{{h1-surface}}}
{{{h2-number}}} {{{h2-length-f}}} {{{h2-length-m}}} {{{h2-surface}}}
統計 ({{{stat-year}}})
{{{stat1-header}}}{{{stat1-data}}}
{{{stat2-header}}}{{{stat2-data}}}
{{{footnotes}}}
{{{embed}}}
テンプレートの解説[表示] [編集] [履歴] [キャッシュを破棄]

空港の情報表テンプレートですが、英語版のw:en:Template:Infobox airportを複製したものです。本来は英語版記事向けのため、日本語版での使用は根本的に考慮されていません。

翻訳を含めた日本語版記事での使用、ならびに独自の項目の追加、フォーマットの変更はTemplate:Infobox 空港で行なってください。

使用法

下記のブランク・テンプレートを使用することにより、迅速にインフォボックスの入力を行なうことができる。

{{Infobox airport
| name         =
| ensign       = 
| ensign_size  =
| ensign_alt   =
| nativename   =
| nativename-a =
| nativename-r =
| image        =
| image-width  = <!-- 200px以下にする場合 -->
| image_alt    =
| caption      =
| image2       =
| image2-width = <!-- 200px以下にする場合 -->
| image2_alt   =
| caption2     =
| IATA         =
| ICAO         =
| FAA          =
| TC           =
| LID          =
| GPS          =
| WMO          =
| type         =
| owner-oper   =
| owner        =
| operator     =
| city-served  =
| location     =
| opened       = <!-- {{start date|YYYY|MM|DD}} -->
| closed       = <!-- {{end date|YYYY|MM|DD}} -->
| passenger_services_ceased = <!-- {{end date|YYYY|MM|DD}} -->
| hub          =
| focus_city   =
| built        = <!-- military airports 主に軍用の場合-->
| used         = <!-- military airports 主に軍用の場合-->
| commander    = <!-- military airports 主に軍用の場合-->
| occupants    = <!-- military airports 主に軍用の場合-->
| timezone     =
| utc          =
| summer       =
| utcs         =
| elevation-f  =
| elevation-m  =
| metric-elev  =
| coordinates  =
| latd  =  | latm  =  | lats  =  | latNS  = 
| longd =  | longm =  | longs =  | longEW =
| coordinates_type       =
| coordinates_region     =
| coordinates_notitle    =
| website                = <!-- {{URL|example.com}} -->
| image_map              =
| image_mapsize          =
| image_map_alt          =
| image_map_caption      =
| pushpin_map            =
| pushpin_mapsize        =
| pushpin_map_alt        =
| pushpin_map_caption    =
| pushpin_relief         =
| pushpin_image          =
| pushpin_label          =
| pushpin_label_position =
| pushpin_mark           =
| pushpin_marksize       =
| r1-number    =
| r1-length-f  =
| r1-length-m  =
| r1-surface   = <!-- up to r8 -->
| metric-rwy   =
| h1-number    =
| h1-length-f  =
| h1-length-m  =
| h1-surface   = <!-- up to h12 -->
| stat1-header =
| stat1-data   = <!-- up to stat4 -->
| stat-year    =
| footnotes    =
}}

項目編集

各項目は名称(name)以外オプションとなっている。

名称編集

名称欄はインフォボックスの最上部にある。

名称(name)
空港/飛行場の名称。
現地名称(nativename)
現地名の名称。
非西洋文字での名称(nativename-a)
例えば北京首都国際空港ならば、北京首都国际机场。日本語版では非推奨。
アルファベット名称(nativename-r)
アルファベットでの名称、例えば北京首都国際空港ならば、Běijīng Shǒudū Guójì Jīcháng。必要に応じて英語名称の記載。

画像編集

画像については2つまでインフォボックス内に表示可能。

画像(image,image2)
ファイル名の例はairport.png or logo.gifなど。
画像幅(image-width,image-width2)
200px以下の小規模イメージ表示調整用。
キャプション(caption,caption2)
画像のキャプション。

空港コード編集

これらのパラメータで画像の下部分に空港の各種コードを表示させることができる(画像が無い場合は空港名の下部分に表示される)。:

IATA
IATA空港コード。未入力時はIATA: N/A.
ICAO
ICAO空港コード。未入力時はICAO: N/A.
FAA
FAA位置コード。未入力時は空白。
LID
LID位置コード。未入力時は空白。

空港概要編集

空港の概要。

タイプ(type)
空港/飛行場のタイプ。公共-Public、私用-Private、軍用-Military、軍民共用など。英語版では商用-Commercial、一般-General、民間-Civilは使用しないように注意されている。
所有・設置者/オーナー(owner)
所有・設置者名/オーナー名。
運営者(operator)
運営者。所有者名と異なる場合に記載。
設置/運営者(owner-oper)
所有・設置者/運営者名。所有者と運営者が同一の場合、ここに記載。
国・地域(country)
空港/飛行場の所在地。コードで記載。
例: country = {{JPN}}
使用例: 日本の旗 日本
位置(location)
空港/飛行場の所在地。
例: location = [[北海道]][[千歳市]]
使用例: 北海道千歳市
都市(city-served)
空港/飛行場が小都市にある場合、必要に応じて主なアクセス対象となる大都市名を記載。
例: city-served = [[札幌市]]
使用例: 札幌市
拠点航空会社・ハブ空港(hub)
この空港をハブ空港として用いている航空会社名を記載。
例: [[USエアウェイズ]]
使用例: USエアウェイズ
標高-メートル(elevation-m)
空港/飛行場の標高(メートル)。
標高-フィート(elevation-f)
空港/飛行場の標高(フィート)。
座標(coordinates)
空港/飛行場の位置。経緯度で表示。
例: coordinates = {{coord|49|27|16|N|002|06|46|E|type:airport|display=inline}}
使用例: 北緯49度27分16秒 東経002度06分46秒 / 北緯49.45444度 東経2.11278度 / 49.45444; 2.11278
ウェブサイト(website)
必要に応じ、外部リンクを記載。Wikipedia:外部リンクも参照。
例: website = [http://www.dfwairport.com/ www.dfwairport.com]
使用例: www.dfwairport.com

軍用空港編集

主に軍用空港時の項目欄。

建設年(built)
飛行場/基地の建設時期。
使用期間(used)
飛行場/基地の使用期間。
指揮官(commander)
飛行場/基地の指揮官名(飛行場長・空港長・司令官・基地隊長)。
所在部隊(occupants)
飛行場/基地の主要所在部隊

メートル法対応編集

下記項目欄が「ft」で無い場合、メートル法を優先して表示。「ft」を入力するとフィート優先。

標高の単位換算(metric-elev)
滑走路長の単位換算(metric-rwy)

滑走路編集

滑走路の項目はr1-から始まり、r8-までの8本まで使用可能。水上機滑走エリアもここに記載できる。

滑走路の方向 rn-number (r1-number, r2-number, ...)
滑走路の方向・番号を記載。
滑走路の長さ(メートル) rn-length-m (r1-length-m, r2-length-m, ...)
滑走路の長さをメートルで記載。幅も含める場合は「3,000×46」(3,000かける46)と記載。
滑走路の長さ(フィート) rn-length-f (r1-length-f, r2-length-f, ...)
滑走路の長さをフィートで記載。日本語版では、当面非表示。
滑走路の表面 rn-surface (r1-surface, r2-surface, ...)
滑走路の表面の状態を記載。コンクリート、アスファルト、砂利、草地、土面、水面など。

ヘリポート編集

ヘリポート/ヘリパッドについてはh1-から始まり、h12-まで使用可能。

ヘリポート番号 hn-number(h1-number, h2-number, ...)
ヘリポートの番号


ヘリポートの大きさ(メートル) hn-length-m (h1-length-m, h2-length-m, ...)
ヘリポートの大きさ(メートル)
ヘリポートの大きさ(フィート) hn-length-f (h1-length-f, h2-length-f, ...)
ヘリポートの大きさ(フィート)
ヘリポートの表面 hn-surface (h1-surface, h2-surface, ...)
ヘリポートの表面状態について。コンクリート、アスファルトなど。

統計編集

統計に関する項目。例 1例 3も参照。

統計年(stat-year)
統計調査年、ヘッダーにも表示。
statn-header (stat1-header, stat2-header, ...)
統計項目名、利用者数Passengersや航空機離発着数Aircraft operationsなど。
statn-data (stat1-data, stat2-data, ...)
統計項目

備考編集

インフォボックスの最下部は備考欄。

備考(footnotes)
出典などを表示。

編集

よくある利用例として、当該記事の英語版からの貼り付けが考えられます。 パラメータはすべて同じなので、語句を日本語にするだけで大丈夫です。

例 1編集

Singapore Changi Airport
Lapangan Terbang Antarabangsa Changi Singapura
新加坡樟宜机场 (Xīnjiāpō Zhāngyí Jīchǎng)
சிங்கப்பூர் சாங்கி வானூர்தி நிலையம்
Aerial view of Singapore Changi Airport and Changi Air Base - 20110523.jpg
IATA: SINICAO: WSSS
概要
空港種別官民共用
所有者シンガポール政府
運営者チャンギエアポートグループ
シンガポール空軍
供給都市シンガポール
所在地チャンギ, イースタンリージョン
ハブ空港とする
航空会社
標高7 m / 22 ft
座標北緯01度21分33秒 東経103度59分22秒 / 北緯1.35917度 東経103.98944度 / 1.35917; 103.98944座標: 北緯01度21分33秒 東経103度59分22秒 / 北緯1.35917度 東経103.98944度 / 1.35917; 103.98944
ウェブサイト
地図
SIN/WSSSの位置(シンガポール内)
SIN/WSSS
SIN/WSSS
空港の場所
滑走路
方向 全長 表面
m ft
02L/20R 4,000 13,123 アスファルト
02C/20C 4,000 13,123 アスファルト
02R/20L 2,750 9,022 アスファルト
統計 (2012)
旅客数51,181,804
発着数 (トン)1,806,225
発着数 (便)324,722
Sources: チャンギエアポートグループウェブサイト ACI シンガポールAIP

シンガポール・チャンギ国際空港

画像無しのインフォボックスの例。ヘリポートの情報付。

{{Infobox airport
|name= Singapore Changi Airport
|nativename= Lapangan Terbang Antarabangsa Changi Singapura
|nativename-a= 新加坡樟宜机场 (Xīnjiāpō Zhāngyí Jīchǎng)
|nativename-r= சிங்கப்பூர் சாங்கி வானூர்தி நிலையம்
|image= Aerial view of Singapore Changi Airport and Changi Air Base - 20110523.jpg
|image-width=
|image2= 
|IATA= SIN
|ICAO= WSSS
|type= 官民共用
|owner= [[シンガポール政府]]
|operator= [[チャンギエアポートグループ]] <br> [[シンガポール空軍]]
|city-served= シンガポール
|location= [[チャンギ]], [[イースタンリージョン (シンガポール)|イースタンリージョン]]
|hub=
<div>
</div>
* [[ジェットスター・アジア航空]]
* [[カンタス航空]] <small>[2013/3/30まで]</small>
* [[スクート]]
* [[シルクエア]]
* [[シンガポール航空]]
* [[シンガポール航空カーゴ]]
* [[タイガー・エアウェイズ]]
* [[バリューエア]]
|regional hub=
<div>
</div>
|elevation-f= 22
|elevation-m= 7
| latd = 01 | latm = 21 | lats = 33 | latNS = N
| longd=103 | longm= 59 | longs= 22 | longEW= E
| coordinates_region = SG
|website= [http://www.changiairport.com/ www.changiairport.com]
| pushpin_map = Singapore
| pushpin_label = SIN/WSSS
| pushpin_map_caption = 空港の場所
|metric-elev= yes
|metric-rwy= yes
|r1-number= 02L/20R
|r1-length-m= 4,000
|r1-length-f= 13,123
|r1-surface= [[アスファルト]]
|r2-number= 02C/20C
|r2-length-m= 4,000
|r2-length-f= 13,123
|r2-surface= [[アスファルト]]
|r3-number= 02R/20L
|r3-length-m= 2,750
|r3-length-f= 9,022
|r3-surface= [[アスファルト]]
|stat-year= 2012
|stat1-header= 旅客数
|stat1-data= 51,181,804
|stat2-header= 発着数 (トン)
|stat2-data= 1,806,225
|stat3-header= 発着数 (便)
|stat3-data= 324,722
|footnotes= Sources: チャンギエアポートグループウェブサイト [[国際空港評議会|ACI]] シンガポール[[航空路誌|AIP]]
}}

例 2編集

ライト・パターソン空軍基地

ライト・パターソン空軍基地
Air Force Materiel Command.png
空軍資材軍団
Wright-Patterson Air Force Base
National Museum of the United States Air Force.jpg
IATA: FFOICAO: KFFOFAA LID: FFO
概要
空港種別軍用:空軍基地
運営者アメリカ空軍
所在地オハイオ州デイトン
使用期間1948年 - present
指揮官
  • Bruce Carlson将軍 - 空軍資材軍団
  • Bruce E. Davis将軍 - 第445空輸航空団
  • Colleen M. Ryan大佐 - 第88航空基地航空団
標高823 ft / 251 m
ウェブサイト
滑走路
方向 全長 表面
ft m
5L/23R 12,601 3,841 PEM
5R/23L 7,000 2,134 アスファルト
Sources: FAA[1], official website[2].

この使用例では{{coord}}がインフォボックスの上に表示されている。display=titleを指定することで記事右上部にのみ座標を表示させている。並びにインフォボックス内に座標を表示させてない。1つ上の使用例と比べて座標のフォントサイズは大きくなっている。

また、上部の青背景のタイトル部に画像とテキストを表示させていおり、空軍基地(軍用空港)の場合に使用することがある。

{{coord|39|49|34|N|084|02|54|W|type:airport|display=title}}
{{Infobox airport
| name         = ライト・パターソン空軍基地
| nativename-a = Wright-Patterson Air Force Base
| ensign       = Air Force Materiel Command.png
| ensign_size  = 100px
| nativename   = {{smaller|空軍資材軍団}}
| image        = National Museum of the United States Air Force.jpg
| image-width  = 250
| caption      = [[National Museum of the United States Air Force]]
| IATA         = FFO
| ICAO         = KFFO
| FAA          = FFO
| type         = 軍用:空軍基地
| operator     = アメリカ空軍
| location     = オハイオ州デイトン
| built        = <!--1948-->
| used         = 1948年 - present
| commander    = <div>
* Bruce Carlson将軍 - 空軍資材軍団
* Bruce E. Davis将軍 - 第445空輸航空団
* Colleen M. Ryan大佐 - 第88航空基地航空団
</div>
| occupants    =
| elevation-f  = 823
| elevation-m  = 251
| website      = [http://www.wpafb.af.mil/ www.wpafb.af.mil]
| r1-number    = 5L/23R
| r1-length-f  = 12,601
| r1-length-m  = 3,841
| r1-surface   = PEM
| r2-number    = 5R/23L
| r2-length-f  = 7,000
| r2-length-m  = 2,134
| r2-surface   = アスファルト
| footnotes    = Sources: FAA<ref>{{FAA-airport|ID=FFO|use=PR|own=MA|site=17827.*A}}</ref>, official website<ref>[http://www.wpafb.af.mil/ Wright-Patterson Air Force Base] (official site)</ref>.
}}

脚注編集

マイクロフォーマット編集

HTMLマークアップはウィキペディア中の記事を自動的に目録化するか、ユーザーがブラウザツールを使うか場所名と所在地をコンピュータによって構文解析できるようにするhCardマイクロフォーマットを含むこのテンプレートによって生成されます。例としてこれによりアドレス帳に主題を追加することができます。hCard内部は座標(緯度と経度)を追加生成するGeoマイクロフォーマットで、地図上に反映したりGPS機器にダウンロードすることができます。ウィキペディアでのさらなるマイクロフォーマット使用方法はマイクロフォーマットプロジェクトを参照してください。

サブテンプレート編集

もし場所に"established"、"founded"、"opened"や同じような日付がある場合{{start date}}を使用しますが、1583年以前の日付の場合は使用しないで下さい。

URLがある場合は{{URL}}を使用してください。

これらのサブテンプレートのインスタンスは除去しないで下さい。

クラス編集

hCardは以下のHTMLクラスを使用します:

  • adr
  • agent
  • category
  • county-name
  • extended-address
  • fn
  • label
  • locality
  • nickname
  • note
  • org
  • region
  • street-address
  • uid
  • url
  • vcard

Geoは{{coord}}を使うことで生成、及び以下のHTMLクラスを使用します:

  • geo
  • latitude
  • longitude

これらのクラスを除去したり名前を変えたり、これらを使用している入れ子にしている要素を折りたたまないで下さい。

精度編集

座標を指定するとき、精度のレベルを適切にしてください。。また{{coord}}の|name=パラメータは使用しないでください

テンプレートデータ編集

これは新しいビジュアルエディターにより使用されるテンプレートのためのTemplateData文書です。

Infobox airport