UKチャンピオンシップ

UKチャンピオンシップ(UK Championship)は毎年12月にヨークで開催されるスヌーカー大会で、マスターズ世界選手権と並ぶスヌーカー三大大会と呼ばれている。最多優勝はロニー・オサリバンの7回。

概要編集

UKチャンピオンシップは1977年に非ランキングでの大会でブラックプールのタワー・サーカスで開催され、イギリス国籍のみ出場が許されていた。翌78年からはプレストンのギルドホールを舞台を移したが[1] 、1997年から2000年は、ボーンマスインターナショナルセンター、2001年から06年までと11年からはヨークのバービカン・センターにて開催されている。2007年から10年まではテルフォード・インターナショナルセンターで開催された。

優勝者編集

Sources: cajt.pwp.blueyonder.co.uk,[1] World Professional Billiards and Snooker Association (worldsnooker.com),[2] Snooker Scene (snookerscene.co.uk),[3] snooker.org[4]
開催年 優勝者 準優勝者 決勝スコア シーズン 会場
UK Championship (非ランキング)
1977   パッツィー・ファガン   ダグ・マウントジョイ 12–9 1977/78 Tower Circus in ブラックプール
1978   ダグ・マウントジョイ   デヴィッド・テイラー 15–9 1978/79 Preston Guild Hall in Preston
1979   John Virgo   Terry Griffiths 14–13 1979/80
1980   スティーブ・デイビス   アレックス・ヒギンズ 16–6 1980/81
1981   スティーブ・デイビス   テリー・グリフィス 16–3 1981/82
1982   テリー・グリフィス   アレックス・ヒギンズ 16–15 1982/83
1983   アレックス・ヒギンズ   スティーブ・デイビス 16–15 1983/84
UK Championship (Ranking)
1984   スティーブ・デイビス   アレックス・ヒギンズ 16–8 1984/85 Preston Guild Hall in Preston
1985   スティーブ・デイビス   ウィリー・ソーン 16–14 1985/86
1986   スティーブ・デイビス   Neal Foulds 16–7 1986/87
1987   スティーブ・デイビス   ジミー・ホワイト 16–14 1987/88
1988   ダグ・マウントジョイ   ステファン・ヘンドリー 16–12 1988/89
1989   ステファン・ヘンドリー   スティーブ・デイビス 16–12 1989/90
1990   ステファン・ヘンドリー   スティーブ・デイビス 16–15 1990/91
1991   ジョン・パロット   ジミー・ホワイト 16–13 1991/92
1992   ジミー・ホワイト   ジョン・パロット 16–9 1992/93
1993   ロニー・オサリバン   ステファン・ヘンドリー 10–6 1993/94
1994   ステファン・ヘンドリー   ケン・ドハーティ 10–5 1994/95
1995   ステファン・ヘンドリー   ピーター・エブドン 10–3 1995/96
1996   ステファン・ヘンドリー   ジョン・ヒギンズ 10–9 1996/97
1997   ロニー・オサリバン   ステファン・ヘンドリー 10–6 1997/98
1998   ジョン・ヒギンズ   マシュー・スティーブンス 10–6 1998/99 Bournemouth International Centre in Bournemouth
1999   マーク・ウィリアムズ   マシュー・スティーブンス 10–8 1999/00
2000   ジョン・ヒギンズ   マーク・ウィリアムズ 10–4 2000/01
2001   ロニー・オサリバン   ケン・ドハーティ 10–1 2001/02 Barbican Centre in York
2002   マーク・ウィリアムズ   ケン・ドハーティ 10–9 2002/03
2003   マシュー・スティーブンス   ステファン・ヘンドリー 10–8 2003/04
2004   ステファン・マグワイア   デヴィッド・グレイ 10–1 2004/05
2005   丁俊暉   スティーブ・デイビス 10–6 2005/06
2006   ピーター・エブドン   ステファン・ヘンドリー 10–6 2006/07
2007   ロニー・オサリバン   ステファン・マグワイア 10–2 2007/08 Telford International Centre in Telford
2008   ショーン・マーフィー   マルコ・フー 10–9 2008/09
2009   丁俊暉   ジョン・ヒギンズ 10–8 2009/10
2010   ジョン・ヒギンズ   マーク・ウィリアムズ 10–9 2010/11
2011[5]   ジャッド・トランプ   マーク・アレン 10–8 2011/12 Barbican Centre in York
2012[6]   マーク・セルビー   ショーン・マーフィー 10–6 2012/13
2013[7]   ニール・ロバートソン   マーク・セルビー 10–7 2013/14
2014[8]   ロニー・オサリバン   ジャッド・トランプ 10–9 2014/15
2015[9]   ニール・ロバートソン   梁文博 10–5 2015/16
2016[10]   マーク・セルビー   ロニー・オサリバン 10–7 2016/17
2017[11]   ロニー・オサリバン   ショーン・マーフィー 10–5 2017/18
2018[12]   ロニー・オサリバン   マーク・アレン 10–6 2018/19
2019[13]   丁俊暉   スティーブン・マグワイア 10–6 2019/20
2020   ニール・ロバートソン   ジャッド・トランプ 10–9 2020/21 マーシャル・アリーナ in ミルトン・キーンズ
2021[14]   趙心童 (CHN)   Luca Brecel (BEL) 10–5 2021–22 Barbican Centre in York
2022   マーク・アレン (NIR)   丁俊暉 (CHN) 10–7 2022–23

脚注編集

  1. ^ a b Turner, Chris. “UK Championship”. cajt.pwp.blueyonder.co.uk. Chris Turner's Snooker Archive. 2012年2月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月1日閲覧。
  2. ^ UK Championship Event History”. worldsnooker.com. World Professional Billiards and Snooker Association. 2012年6月23日閲覧。
  3. ^ UK Championship”. Snooker Scene. 2013年1月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年2月5日閲覧。
  4. ^ Hall of Fame”. Snooker.org. 2013年6月22日閲覧。
  5. ^ UK Championship (2011)”. Snooker.org. 2011年10月12日閲覧。
  6. ^ williamhill.com UK Championship (2012)”. Snooker.org. 2011年10月8日閲覧。
  7. ^ williamhill.com UK Championship (2013)”. Snooker.org. 2013年4月9日閲覧。
  8. ^ Coral UK Championship (2014)”. Snooker.org. 2014年12月7日閲覧。
  9. ^ Betway UK Championship (2015)”. Snooker.org. 2015年4月6日閲覧。
  10. ^ Betway UK Championship (2016)”. Snooker.org. 2016年12月5日閲覧。
  11. ^ Betway UK Championship (2017)”. Snooker.org. 2017年7月14日閲覧。
  12. ^ Betway UK Championship (2018)”. Snooker.org. 2018年11月26日閲覧。
  13. ^ Betway UK Championship 2019”. World Snooker. 2019年12月6日閲覧。
  14. ^ Sensation Zhao is UK Champion”. World Snooker Tour (2021年12月5日). 2021年12月5日閲覧。