VSS Unity VP-03(一部ではPF04とも呼ばれる)は、2018年12月13日に行われたスペースシップツークラスのVSS Unity弾道飛行であり、マーク・スタッキー英語版フレドリック・スターカウが搭乗し操縦しました。VSS Unityは、発表される前にホワイトナイトツーキャリア飛行機によって空中に運ばれた。

VSS Unity VP-03
Virgin Galactic SpaceShipTwo "Unity" rollout 19Feb2016, FAITH hangar, Mojave, California.jpg
VSS Unity
任務種別Crewed suborbital spaceflight
運用者ヴァージン・ギャラクティック
遠地点82.7 km (51.39 mi)
乗員
乗員数2
乗員
任務開始
打ち上げ日13 December 2018
ロケットVSS Unity carried by VMS Eve英語版
打上げ場所モハーヴェ宇宙港
任務終了
着陸日13 December 2018
着陸地点モハーヴェ宇宙港

宇宙船は82.7キロメートル (51.4 mi)の遠地点に到達し、飛行は米国の宇宙飛行の定義80.47キロメートル (50.00 mi)を満たしましたが、国際的に認められた基準であるカーマン・ライン100キロメートル (62 mi)には達しなかった[1]。この飛行は、将来宇宙旅行を行う予定のリチャード・ブランソン率いる民間企業であるヴァージン・ギャラクティックによって運営されていました。これは、2011年のスペースシャトル最後の飛行ミッションSTS-135以来、米国本土からの有人宇宙飛行であった。

クルー編集

地位 宇宙飛行士
パイロット マーク・スタッキー英語版
1回目の宇宙飛行
コ・パイロット フレドリック・スターカウ
5回目の宇宙飛行

フライト編集

2018年12月13日、高度13,000メートル (43,000 ft)、VMSEveは、その動力飛行テストのためのVSSUnity発表した[2]。リードパイロットのスタッキーと副操縦士のスターカウは、最大マッハ2.9で高度82.7キロメートル (51.4 mi)までUnityを飛行しました。 これにより、スペースの制限を示すために米国で使用されている80キロメートル (50 mi)の制限を超えましたが、100キロメートル (62 mi) のカーマンラインは下回っていた。その後、両方の船は無事に着陸しました。このフライトは、ヴァージンギャラクティック、ブランソン自身、および関係者による様々なツイートでオンラインで公開された。

反響編集

アメリカ連邦航空局は、ヴァージン・ギャラクティックとパイロットの飛行成功を祝福し、パイロットにアメリカ合衆国宇宙飛行士記章英語版を授与する式典のためにチームをワシントンD.C.に招待しました[3]

ヴァージンギャラクティックとその職員は、米国のマイク・ペンス副大統領、 NASA管理者のジム・ブライデンスティン英語版、カナダの宇宙飛行士クリス・ハドフィールド英語版、英国の宇宙飛行士ティム・ピーク英語版によってTwitterで祝福されました。一方、ヴァージンギャラクティックは、オーストラリアの宇宙飛行士アンディトーマスによる飛行後、彼らの弾道飛行を「高高度の飛行機の飛行であり、危険な飛行である」と特徴づけたため、鋭く批判された[4]

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Grush (2018年12月13日). “Virgin Galactic's spaceplane finally makes it to space for the first time”. The Verge. 2018年12月13日閲覧。
  2. ^ Stewart (2018年12月13日). “As Virgin Galactic Reaches Space, Pilots Become Astronauts”. Wired. 2018年12月13日閲覧。
  3. ^ Press Release - Statement of FAA Assistant Administrator Bailey Edwards on the Successful Virgin Galactic Flight”. Federal Aviation Administration (2018年12月13日). 2018年12月13日閲覧。
  4. ^ Australian Associated Press (2018年12月17日). “Richard Branson's Virgin Galactic space flights criticised as 'dangerous, dead-end tech'”. 2018年12月17日閲覧。