宇宙旅行(うちゅうりょこう、英語: Space tourism)とは、国家の政策や、国際機関を含めた公的組織による科学的研究を目的とした宇宙開発と対比して、観光や非日常的な体験といった専ら個人的な興味関心のために、宇宙空間へ赴く行為を指す。言わば「宇宙飛行士の気分を味わえる旅行」[1]である。費用は安くないものの、公的な宇宙開発機関に選抜されていない個人でも、短期間であれば宇宙やそれに近い成層圏上部に到達することができるようになりつつある。

目次

概説編集

SF小説では、1865年ジュール・ヴェルヌによってDe la Terre a la Lune(「地球から月へ」という意味の題名。日本語訳『月世界旅行』)が書かれ多くの読者を得た。現在に至るまで、宇宙旅行はSF映画漫画を含めて、様々なフィクション作品のテーマになっている。

現実の行動として、出資者や目的に関わらず“人類宇宙する” という広義の宇宙飛行まで含めるならば、1961年4月12日ソビエト連邦ユーリイ・ガガーリン少佐がボストーク1号に乗り地球を1周する108分の旅が、初の有人宇宙飛行である。彼は「地球は青かった」という言葉を残した。これはあくまで国家政策によって行われた宇宙開発の一環である。その後にソ連およびアメリカ合衆国の宇宙開発によって行われた一連の有人宇宙飛行も同様であり、本記事が指す「宇宙旅行」とはいささか意味が異なっている。

個人的な関心によって行われた初の費用自己負担の宇宙旅行は後述するように、2001年に米国の大富豪がロシア連邦宇宙船「ソユーズ」の定期便に乗せてもらう形で実現した。

2010年代になると、アメリカを中心とする多くの民間企業が、特別な訓練などが不必要[注 1]または短期の訓練で、現在の海外旅行などに近い比較的軽い手続き的・身体的負担で短時間、宇宙空間に滞在し帰還することをまずは目指し、技術開発にしのぎを削っている。

日本人初の民間宇宙旅行人編集

1990年12月2日ソビエト連邦ソユーズTM-11に搭乗、宇宙ステーションミールに9日間滞在した秋山豊寛は、世界で初めて宇宙空間に到達したジャーナリストであり、日本人初の宇宙旅行を体験した人物である(厳密にいうと旅行ではなく、報道のための仕事である)。

TBSが宇宙特派員として派遣した彼は、長期間にわたる訓練の後に宇宙へと旅立った。

予定では、日本人初の宇宙飛行として宇宙開発事業団に所属する毛利衛が秋山より先に宇宙へと旅立つ事となっていた。しかし、チャレンジャー号爆発事故の影響で毛利のフライトが延期され、結果として日本人初の宇宙飛行は民間人である秋山となった。秋山は一応睡眠実験などの科学実験に参加し、1990年12月1日に国家審査委員会から宇宙飛行士の承認を受けているが、一方で彼は民間企業のスポンサーによって宇宙飛行を果たした人間の1人であることは間違いなく、その意味で彼は日本人初の宇宙飛行士にして日本人初の民間宇宙旅行人である(なお旧ソ連の宇宙飛行士の資格は、ロシア連邦となった現在でも有効である)。

「宇宙旅行」第1号編集

 
ISSに搭乗する宇宙旅行者マーク・シャトルワース

民間人が全額自己負担で宇宙旅行に旅立った世界初の例は、スペースアドベンチャーズ社がロシア宇宙局と契約を仲介することで実現した、アメリカの大富豪デニス・チトーによるものである。彼は国際宇宙ステーション (ISS) に人員と物資を補給するソユーズの定期便でバイコヌール宇宙基地から旅立ち、2001年4月28日から5月6日までISSに滞在した。それに続き、2002年には南アフリカ共和国の実業家マーク・シャトルワースが宇宙旅行を実現している。

コロンビア号の事故からも分かるように2000年代においても宇宙開発には危険が伴い、気軽に民間人が宇宙旅行をする時代が来ているとは言い難かった。当時ロシアは国家経済の事情で民間企業にソユーズの座席を売ることで打ち上げ資金を確保していた状況にあり、「宇宙旅行」に消極的なアメリカ航空宇宙局も、コロンビア号の事故以来ソユーズにISSの維持に必要な物資の輸送を頼っていたことから、こうした宇宙開発の冷え込みが皮肉なことにこれらの宇宙旅行を実現させた側面もある。

宇宙旅行者一覧編集

順位 人物 打ち上げ日 備考 便名 ロケット
1 デニス・チトー 2001年4月28日 初の宇宙旅行者 TM-32 / TM-31 ソユーズ
2 マーク・シャトルワース 2002年4月25日 TM-34 / TM-33
3 グレゴリー・オルセン 2005年10月1日 TMA-7 / TMA-6
4 アニューシャ・アンサリ 2006年9月18日 初の女性旅行者 TMA-9 / TMA-8
5 チャールズ・シモニー 2007年4月7日 TMA-10 / TMA-9
6 リチャード・ギャリオット 2008年10月14日 TMA-13 / TMA-12
7 チャールズ・シモニー 2009年3月26日 2回目の宇宙旅行 TMA-14 / TMA-13
8 ギー・ラリベルテ 2009年9月30日 TMA-16 / TMA-15
9 サラ・ブライトマン (予定) 2015年10月予定 TMA-18M / TMA-16M
10 高松聡 (予定) 2015年以降 未定

※ISSに滞在した者のみ、弾道飛行(サブオービタル飛行)による数十分の旅行は含めない

民間宇宙船の開発状況編集

 
ヴァージン・ギャラクティックが計画している宇宙旅行プラン。弾道飛行による数分間の「宇宙」を提供する

米国の旅行会社「ゼグラム社 (ZEGRAHM)」は、ジェット機の背に搭載されたロケットプレーンを高度16kmで切り離し、そこからはロケットエンジンで高度100kmまで上昇し、地球を見ながら弾道飛行による2分半の無重力状態を体験できるという宇宙旅行を企画した。1998年ペプシコーラを日本で販売するサントリーは、懸賞でこのロケットプレーン搭乗券をプレゼントするというキャンペーンを行った[2]。当初は2000年に実現予定であったが、ロケットプレーンの開発の遅れなどから、2014年現在実現には至っていない。

1996年に、民間による宇宙船開発に対する賞金制度であるX-prizeが発足した(2004年、Ansari X Prizeに名称変更)。 3人以上の乗員(乗員1名と、2名の乗員に相当する重量のバラストでも可)を高度100km以上の弾道軌道に打ち上げ、さらに、2週間以内に所定の再使用率を達成し、同じ機体で再度打ち上げを達成した非政府団体に賞金1000万ドルが送られるというものである。地球一周旅行をはじめ、多くの長距離旅行の壁は資本家による賞金制度をきっかけに実現されてきたが、X-prizeは資金面のみならず、法律面でも発射試験までには煩雑な点が多く、脱落者が続出した。その中でスケールド・コンポジッツ社の有人宇宙船「スペースシップワン」は2004年6月21日に高度100キロの試験飛行に成功し、続けて賞金獲得のための本飛行も2004年9月29日と2004年10月4日に2度目の飛行を行った。9月29日のフライトにおいては一時機体が不安定になるなどのトラブルがあったものの、いずれも乗員1名とバラストを載せた飛行を達成し、同社は賞金を獲得した。

ヴァージングループに設立された宇宙旅行会社「ヴァージン・ギャラクティック」はスペースシップワンからの技術供与を受け、宇宙旅行ビジネスを開始することを発表、同飛行のスポンサーとなった。2012年からのサービス開始を目指しており、スペースシップツーによる宇宙旅行ビジネスの実現を目指す。2005年にはクラブツーリズムがヴァージン・ギャラクティック社の公式代理店となり、日本での販売を開始。最初の宇宙旅行者として100人が世界中から選ばれ、ファウンダーと呼ばれている。日本人では稲波紀明が世界最年少のファウンダーに選ばれている。しかし、計画は遅延中であり、2014年には試験中に墜落事故を起こすなど、2014年時点では実現には至っていない。

2017年時点で宇宙旅行を実施または準備中の企業としてはこのほか、スペースX社、ブルーオリジン社、ISS滞在の仲介を計画するアクシオム・スペース社、気球から地球を見下ろすツアーを予定するワールドビュー社などがある。これらの多くはアメリカに本社を置くが、日本でも山崎大地のように宇宙旅行ビジネスに携わる起業家が現れている[3]

SFに描かれた宇宙旅行編集

初めて宇宙旅行を描いたSF小説は1865年ジュール・ヴェルヌによる『月世界旅行』である。この作品とハーバート・ジョージ・ウェルズの『月世界最初の人間』(1901年)から着想され、1902年に発表されたジョルジュ・メリエスによる映画も有名である。ヴェルヌの小説の原題は『地球から月へ(De la Terre a la Lune)』、メリエスの映画の原題は『月世界旅行(Le Voyage dans la Lune)』だが、日本では双方とも『月世界旅行』となっている。また、ヴェルヌの小説には、後編にあたる『月世界探検』(原題『月めぐり(Autour de la Lune)』(1869年)がある。ヴェルヌは270mの巨大な大砲を用いて宇宙空間に到達する方法を比較的に科学的説得力のある内容で描いており、赤道付近に発射場を設置することなど、一世紀以上先に実現されることになる宇宙開発の基礎をいくつかの点で言い当てている。

アーサー・C・クラーク原作の映画『2001年宇宙の旅』でも、地球からに向かう宇宙旅行が描かれている。ロケットプレーン(パン・アメリカン航空のオリオン号)で地球軌道上の宇宙ステーションにランデブーした後、月着陸船に乗換え、月に向かうというものだが、宇宙での機内食、客室添乗員の履くグリップシューズ、宇宙トイレなど、綿密な科学考証のもと、宇宙旅行の様子が詳細に描かれている。

一方、宇宙旅行をより簡便な物にする手段として、静止衛星と地上とをケーブルで結ぶ軌道エレベータが考案され、クラークの『楽園の泉』はじめ多くのSF作品で採り上げられた。現在は実現に向けた動きも見られる様になっている。

脚注、出典編集

編集

  1. ^ 2008年1月時点では宇宙飛行士になるためには高度な知識や様々なミッションをフライト中にこなし続ける技能と経験、宇宙飛行に付随する様々な訓練を要する。

出典編集

  1. ^ 「旅する宇宙船気球号」『日本経済新聞』朝刊NIKKEI The STYLE(2017年6月18日)
  2. ^ 「2001 SPACE TOURS PEPSI」 "宇宙へ行こう! 2001年宇宙への旅にご優待" Archived 2013年6月2日, at the Wayback Machine.
  3. ^ 「旅する宇宙船気球号」『日本経済新聞』朝刊NIKKEI The STYLE(2017年6月18日)

関連項目編集