メインメニューを開く

W.W.D/冬へと走りだすお!」(ダブリュー・ダブリュー・ディー/ふゆへとはしりだすお)は、でんぱ組.incの6枚目のシングル2013年1月16日MEME TOKYOから発売された[1]

W.W.D/冬へと走りだすお!
でんぱ組.incシングル
A面 W.W.D
冬へと走りだすお!
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル A-POP
時間
レーベル MEME TOKYO
作詞・作曲 前山田健一(作詞・作曲 #1)
かせきさいだぁ(作詞 #2)
木暮晋也(作曲 #2)
チャート最高順位
でんぱ組.inc シングル 年表
キラキラチューン/Sabotage
2012年
W.W.D/冬へと走りだすお!
(2013年)
でんでんぱっしょん
(2013年)
テンプレートを表示

概要編集

DVD付きの初回限定盤A、BおよびCDのみの3形態で発売。

1曲目の「W.W.D」は、メンバーの実体験を元に、前山田健一が作詞・作曲したドキュメンタリーソング。CDに入っている歌詞カードの最後には「この歌詞は実話をもとに構成されています」という記載がある。この曲のタイトルは2013年のツアータイトル「ワールドワイド☆でんぱ」(World Wide Dempa)の頭文字であり、その名の通り最終公演地は台北である。

2曲目の「冬へと走りだすお!」は、アルバム収録曲「くちづけキボンヌ」の好評を受けて、同じコンビに依頼されてできた楽曲[2]

「冬へと走りだすお!」のMusic Clipは、メンバー本人たちがiPhoneを使い自撮りしたものを使用している[注 1]

オリコンウィークリーチャートで過去最高位の10位を記録した。デイリーではさらに上位も記録しており[3]、TOP10入りはグループ初となった。

収録曲編集

  1. W.W.D [5:46]
    作詞・作曲・編曲:前山田健一
    上述の通り、メンバーの実体験を元にした楽曲。観客との掛け合いを想定したパートやメンバーそれぞれの語りが挿入されるパートなどもあり、1曲の中で非常に多彩な顔を見せる楽曲である。
    メンバーそれぞれが自身の過去と向き合う必要に駆られたため、この曲が披露された当時は歌うのが辛かったらしく、レコーディングでは泣き出してしまうメンバーもいたという。
  2. 冬へと走りだすお! [4:16]
    作詞:かせきさいだぁ 作曲・編曲:木暮晋也
    タイトルに合わせてか、秋口から初春までのライブでのみ披露される。しかし「ノットボッチ…夏」が真冬のライブで歌われることもあるため、必ずしもその限りではないと思われる。
  3. W.W.D Instrumental Version
  4. 冬へと走りだすお! Instrumental Version

DVD収録内容編集

初回限定盤A編集

  1. 「W.W.D」MV
  2. 「W.W.D」MV メイキング映像
  3. 第1回 でんぱ組.inc 台湾観光案内

初回限定盤B編集

  1. 「冬へと走りだすお!」MV
  2. 「冬へと走りだすお!」MV メイキング映像
  3. 「W.W.D」MV(Dance shot ver.)

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 「アイドルは、自分自身で撮影した写メが一番可愛いのではないか?」というコンセプトのもと撮影されたもので、Music Clip全編にわたって使用されている。

出典編集

  1. ^ でんぱ組.inc「W.W.D/冬へと走りだすお!」発売記念イベント〜ワールドに走りだすお ! 2013〜”. でんぱ組.inc 公式サイト. モエ・ジャパン. 2013年9月23日閲覧。
  2. ^ 雑誌Marquee94号のかせきさいだぁのコメントより。また「タイトル含め歌詞は、わかる人はニヤリとするような作り(中略)ただただいい曲になるよう作りました」とも語っている。
  3. ^ BARKS (2013年1月17日). “でんぱ組.inc、ニューシングル「W.W.D/冬へと走りだすお!」が初のTOP10にチャートイン”. 2013年1月22日閲覧。

外部リンク編集