メインメニューを開く

WCW世界TV王座WCW World Television Title)は、かつてアメリカ合衆国のプロレス団体WCWが認定、および管理していたプロレスの王座である。本項目では、前身のNWAミッドアトランティックTV王座およびNWA世界TV王座についても記述する。

概要編集

NWA時代編集

1974年NWAジム・クロケット・プロモーションズ(ミッドアトランティック・チャンピオンシップ・レスリング / 略称:MACW)で創設されたNWAミッドアトランティックTV王座を前身とする[1]。MACWにおけるTV番組用のタイトルとして、トーナメントの決勝でオレイ・アンダーソンを破ったダン・ミラーを初代王者に、イワン・コロフポール・ジョーンズアンジェロ・モスカミスター・レスリングリック・フレアーグレッグ・バレンタインルーファス・ジョーンズリッキー・スティムボートバロン・フォン・ラシクジョニー・ウィーバーマスクド・スーパースターロディ・パイパーロッキー・ジョンソンジミー・バリアントロン・バスジョー・ルダックレロイ・ブラウンマイク・ロトンドディック・スレーターザ・グレート・カブキなどの強豪が戴冠している[1]

1980年代中盤、MACWオーナーのジム・クロケット・ジュニアビンス・マクマホン・ジュニアWWFの全米侵攻に対抗し、NWA会長への2度目の就任を果たすとNWA世界ヘビー級王者のリック・フレアーを独占、同時期にジョージア地区、後にセントラル・ステーツ地区フロリダ地区を吸収合併するなど、NWAでの勢力を拡大していった。こうした経緯もあり、ミッドアトランティックTV王座は1985年3月にNWA世界TV王座と名称を変更、タリー・ブランチャードから王座を奪取したダスティ・ローデスが初代王者となった[2]

NWA世界選手権となった後は、主にMACWのテレビ番組『ワールド・チャンピオンシップ・レスリング』内で争われ、アーン・アンダーソンリック・スタイナーニキタ・コロフらが王者となったが、間もなくMACWも経営が悪化し、最終的にジム・クロケット・ジュニアはテッド・ターナーに団体を売却することとなった[3]

WCW時代編集

MACWがテッド・ターナーに売却され、番組名を冠したワールド・チャンピオンシップ・レスリング(WCW)と団体名が改称されてからもNWA世界TV王座の名称を用い、スティンググレート・ムタが戴冠したが、1991年にWCWはNWAを脱退、MACW時代から引き継いでいた世界ヘビー級王座世界タッグ王座USヘビー級王座と共に、TVタイトルの名称もWCW世界TV王座と変更された。

主に中堅クラスのレスラーによって争われるタイトルとして扱われ、歴代王者には若手時代のスティーブ・オースチンをはじめ、ボビー・イートンバリー・ウインダム、リッキー・スティムボート、スコット・スタイナーポール・オーンドーフロード・スティーブン・リーガルラリー・ズビスコジョニー・B・バッドダイヤモンド・ダラス・ペイジレックス・ルガーウルティモ・ドラゴンアレックス・ライトディスコ・インフェルノペリー・サターンブッカー・Tリック・マーテルクリス・ベノワデイブ・フィンレイクリス・ジェリココナン、リック・スタイナーなどが名を連ねている[2]

1999年11月29日、当時の王者スコット・ホールによってベルトがゴミ箱に投げ捨てられ一時封印。翌2000年2月16日、 ゴミ箱の中からベルトを発見したジム・ドゥガンを王者として復活したが、4月10日にWCW幹部のエリック・ビショフとビンス・ルッソによって全王座が空位となり、2001年3月にWCWがビンス・マクマホンのWWFに買収されるとともに再び封印された[2]

脚注編集

  1. ^ a b NWA Mid-Atlantic Television Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年2月23日閲覧。
  2. ^ a b c NWA/WCW World Television Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年2月23日閲覧。
  3. ^ Promoter Profiles: Jim Crockett Jr.”. Online World of Wrestling. 2015年2月23日閲覧。

外部リンク編集