かな文字の一つ

及びは、日本語音節の1つであり仮名の1つである。1モーラを形成する。五十音図において第1行第1段(あ行あ段)に位置する。

平仮名
文字
字源 安の草書体
JIS X 0213 1-4-2
Unicode U+3042
片仮名
文字
字源 阿の偏
JIS X 0213 1-5-2
Unicode U+30A2
言語
言語 ja, ain
ローマ字
ヘボン式 A
訓令式 A
JIS X 4063 a
アイヌ語 {{{アイヌ語}}}
発音
IPA ä
種別
清音
あ 教科書体

概要

 
「あ」の筆順
 
「ア」の筆順

   

“あ”に関わる諸事項

  • 」のように小さく書いた場合(小書き)は、拗音と同じように直前の文字と合わせて1つの音を構成する。すなわち、前の文字と合わせて1モーラを形成する。基本的に前の文字の母音をなくして子音だけにするか母音を半母音化して、それに/a/を合わせた音を表す。この文字を使う多くの言葉は外来語である
    • 用例
      くぁ (kwa)、つぁ (tsa)、ふぁ (fa)、ゔぁ (va)、ぐぁ (gwa)。
    • ただし、俗にあ段の仮名の後に使われることがあり、この場合は大書きしたのと同様、長音となり、単独で1モーラを構成する(例:あぁ (aa))。
  • 秋田県章は片仮名の「ア」を図案化したものである[1]

関連項目

脚注

  1. ^ 県のマーク(県章)・県旗”. 秋田県 (2019年4月1日). 2020年11月5日閲覧。