あいらんどけいさつ★ロコモコップ

あいらんどけいさつ★ロコモコップ』は、ハワイ101FMで放送された朗読劇。放送後、反響のメールが多くあり、2007年7月29日、CCREより日本全国とハワイの書店にて絵本の発売が決定。

主人公ロコモコップはハワイの地元新聞『ハワイ報知』や『日刊サン』でも取り上げられハワイでは話題のキャラクターである。

広末涼子が絵本の帯にコメントを寄せている。

発売週には、紀伊國屋書店玉川高島屋店、渋谷店で 書籍総合チャート1位を記録した。

千葉県柏市のモラージュ柏2Fに、「ロコモコップのロコモコ屋さん」と言う ロコモコ屋さんも誕生。

作品概要編集

あいらんどけいさつのポリスマン、ロコモコップは、(ワイキキビーチ交番にそっくりの)ポリスボックスに勤務している。

夢をあきらめて止まってはダメ!と、「ゆめ・ちゅうしゃいはんキップ」を切ったり、けんかをしている子には、ツカズハナレズの長さの「なかよしてじょう」を出したりユニークなネーミングのあいらんどけいさつグッズを持ち出し、島の平和を守っている。

「Dreams come true」「Pride」「Believe」など、所々に英単語が登場してくるのも作品の特徴。

4歳からのプチ留学で実績のある、ハワイ州政府公認「U.I.C Hawaii」が絵本を推薦している。

主なキャラクター編集

ロコモコップ
頭がロコモコのモチーフになっている、警察官。あいらんどけいさつ勤務。緊急時は、パトスケボーで駆けつける。普段はバイシクルでパトロールしている。サーフィンが得意。
フラふじんけいかん
ロコモコップの同僚。あいらんどけいさつの婦人警官。フラダンスが得意。
けいさつ犬・アクア
ロコモコップと一緒に、普段はポリスボックスにいることが多い。落とし物を探すのが得意。犬種は、ミニチュアピンシャー

絵本編集

〜ハワイのえほん えいごとハートのおべんきょう〜『あいらんどけいさつ★ロコモコップ』として2007年7月29日に、CCREより発売。

ラジオ朗読編集

2008年4月10日から毎週土曜日18:20〜

ハワイ101FM『ラジオえほんスペシャル』として全5回放送。

2008年10月6日から毎週月曜日21:45 -

ハワイ101FM『おやすみラジオえほん』として続編放送開始。

朗読版スタッフ編集

  • 作・プロデュース:宮島伸浩(ハワイ101FM)
  • 朗読:Yoko(元エフエム青森アナウンサー木船陽子
  • ディレクター:中川淳(ハワイ101FM)
  • 制作:ハワイ101FM ジャパンブルー

外部リンク編集