メインメニューを開く
Fホノルルカハラモールの中にあるキムラレストランで提供されるフィッシュ・ロコ

ロコモコ (locomoco、Loco Moco) は、ハワイ料理のひとつ。日本の丼ものに近い。日本では「ロコモコ丼」と呼ぶこともある。

目次

概要編集

の上にハンバーグ目玉焼きを乗せ、グレイビーソースをかけたものが基本である。

近年は、テリヤキチキンやマヒマヒ(シイラ)などハンバーグ以外の具材を用い、それに合わせたソースなどのアレンジを加えたものを「~ロコモコ」と称する例もある。こうしたバリエーションを持つ新しい店では、レタスなどの生野菜が追加されることもある。

もとは学生向けの安価なファーストフードだったが、ハワイの郷土料理としての色彩も濃くなってきている。

起源編集

ロコモコのルーツは完全には明らかになっていない。ハワイ大学のジェームズ・ケリー教授の研究によれば、これは1949年にハワイ島ヒロでリンカーングリルという小さなレストランを営んでいた日系2世のナンシー・イノウエによって発案されたとしている。近所のリンカーン・レッカーズ・スポーツクラブの10代の会員達が、サンドウィッチとは違う、安くてすぐに食べられるメニューを作って欲しいと頼んだのがきっかけとなり、飯をよそったに焼いたハンバーガー・パティを載せ、料理人として有名店で修行した夫のリチャード・イノウエが作った自家製のグレイビーソースをたっぷりとかけて若者向けの安価な食事として出したというのである。後日、目玉焼きも載せるようになり、現在のロコモコの原型が出来た。

"Loco" とはスペイン語でイカレた奴、あるいはLocal(地元)との掛詞で、このレストランの常連の高校生のひとりのあだ名が「クレージー」であったため、同じグループのスペイン語を学んでいたメンバーが"Loco"という語を充てたとも言われている。また、"moko" にはハワイ語で入り乱れる、混ざるという意味があるが、この料理名への関連は薄く、単に語呂がよかったので定着したというところであろう。

ロコモコはハワイ以外の地でもポピュラーな料理となっている。マスコミでの紹介も頻繁に行われ、今ではファミリーレストランや、一般店舗の惣菜売り場に並ぶのがみられる。

参考文献編集

  • James Kelly, " Loco Moco: A Folk Dish In The Making". Social Process in Hawai'i 30 (1983): 59-64. .

関連項目編集

外部リンク編集