あびらチャンネル

あびらチャンネルは、北海道勇払郡安平町地上一般放送事業者として、その一部地域を業務区域として行う地上一般放送である。

概要編集

ホワイトスペースを利用して実施するエリア放送である。安平町は、防災無線の補完と過疎対策の地域活性化を図る手段として、フルセグおよびワンセグ放送を導入[1][2]した。

番組表や町からの広報、天気などのデータ放送もしている。

諸元編集

町内に地上一般放送局35局が設置[3]されている。

免許人 局名 呼出符号 物理チャンネル 周波数 空中線電力 ERP
安平町 源武01 JOXZ1AA-AREA 28ch 563.142857MHz 10mW 10mW
遠浅01 JOXZ1AB-AREA 10mW 10mW
遠浅02 JOXZ1AC-AREA 1mW 1mW
遠浅03 JOXZ1AD-AREA 20mW 20mW
富岡01 JOXZ1AE-AREA 50mW 50mW
富岡02 JOXZ1AF-AREA 10mW 20mW
富岡03 JOXZ1AG-AREA 10mW 20mW
若草01 JOXZ1AQ-AREA 10mW 10mW
本町01 JOXZ1AR-AREA 10mW 10mW
中央01 JOXZ1AS-AREA 10mW 10mW
緑が丘01 JOXZ1AT-AREA 1mW 1mW
美園01 JOXZ1AU-AREA 10mW 10mW
富岡04 JOXZ1AV-AREA 50mW 50mW
富岡05 JOXZ1AW-AREA 5mW 10mW
新栄01 JOXZ1AX-AREA 10mW 10mW
栄町01 JOXZ1AY-AREA 10mW 10mW
北町01 JOXZ1AZ-AREA 10mW 10mW
大町01 JOXZ1BA-AREA 10mW 10mW
大町02 JOXZ1BB-AREA 10mW 10mW
守田01 JOXZ1BC-AREA 10mW 10mW
守田02 JOXZ1BD-AREA 10mW 10mW
安平01 JOXZ1BE-AREA 10mW 10mW
安平02 JOXZ1BF-AREA 10mW 10mW
緑丘01 JOXZ1BG-AREA 10mW 10mW
瑞穂01 JOXZ1BH-AREA 10mW 10mW
瑞穂02 JOXZ1BI-AREA 10mW 10mW
豊栄01 JOXZ1BJ-AREA 10mW 10mW
豊栄02 JOXZ1BK-AREA 15mW 10mW
弥生01 JOXZ1BL-AREA 10mW 10mW
春日01 JOXZ1BM-AREA 10mW 10mW
春日02 JOXZ1BN-AREA 10mW 10mW
向陽01 JOXZ1BO-AREA 1mW 3mW
向陽02 JOXZ1BP-AREA 10mW 10mW
向陽03 JOXZ1BQ-AREA 10mW 10mW
旭01 JOXZ1BR-AREA 10mW 10mW
局名は安平町発表のもの[4][5][6]

リモコンキーIDは、11を推奨

番組編集

原則として放送時間は6時から24時の18時間。

番組は2時間の間隔をおいて1日に9回放送される。更新は毎月1日と16日。

沿革編集

2014年(平成26年)
2015年(平成27年)
  • 2月23日 - 7局の免許を取得、免許の有効期限は「平成32年2月22日」[8]
  • 3月1日 - 8時より放送開始、インターネットでも視聴可能[4]
2016年(平成28年)
  • 3月25日 - 5局の免許を取得、免許の有効期限は「平成33年3月24日」[8]
2017年(平成29年)
  • 2月21日 - 23局の免許を取得、免許の有効期限は「平成34年2月20日」[8]
  • 4月1日 - 放送時間を8時から20時の12時間から18時間に延長[9]
2020年(令和2年)
  • 2月23日 - 7局が再免許、免許の有効期限は「令和7年3月22日」[10]

脚注編集

  1. ^ テレビに「あびらチャンネル」まちの番組、防災情報配信 苫小牧民報 2014年8月12日 - ウェイバックマシン(2016年2月28日アーカイブ分)
  2. ^ 地域情報コミュニティ放送「あびらチャンネル」を活用した地域ブランディング事業(総務省 過疎対策 事業分野別事例(平成26年度))(2015年8月2日アーカイブ) - 国立国会図書館Web Archiving Project (PDF)
  3. ^ 免許状況の詳細 北海道総合通信局 - 放送・有線放送 - エリア放送
  4. ^ a b あびらチャンネル3月1日(日)8時から放送開始(広報「あびら」2016年3月号p.18)(2015年4月10日アーカイブ) - 国立国会図書館Web Archiving Project (PDF)
  5. ^ あびらチャンネル追分地区で放送開始(広報「あびら」2016年3月号p.18)(2016年4月11日アーカイブ) - 国立国会図書館Web Archiving Project (PDF)
  6. ^ 平成29年4月からの受信エリア(広報「あびら」2017年3月号p.3)(2017年4月11日アーカイブ) - 国立国会図書館Web Archiving Project (PDF)
  7. ^ 北海道内初エリア放送局への予備免許 — 安平町を放送区域とするエリア放送を行う地上一般放送局 —(北海道総合通信局 報道資料 平成26年10月27日)(2014年11月6日アーカイブ) - 国立国会図書館Web Archiving Project
  8. ^ a b c 免許状況の詳細(北海道総合通信局 - 放送・有線放送 - エリア放送)(2017年4月2日アーカイブ) - 国立国会図書館Web Archiving Project
  9. ^ あびらチャンネルのお知らせ(広報「あびら」2017年4月号p.23)(2017年4月11日アーカイブ) - 国立国会図書館Web Archiving Project (PDF)
  10. ^ 免許状況の詳細(北海道総合通信局 - 放送・有線放送 - エリア放送)(2020年3月3日アーカイブ) - 国立国会図書館Web Archiving Project

外部リンク編集