メインメニューを開く

ありとあらゆる種類の食材を含んだ料理

古代ギリシアの戯曲に登場する架空の料理の名前

ありとあらゆる種類の食材を含んだ料理(ありとあらゆるしゅるいのしょくざいをふくんだりょうり、古代ギリシャ語: λοπαδοτεμαχοσελαχογαλεοκρανιολειψανοδριμυποτριμματοσιλφιοκαραβομελιτοκατακεχυμενοκιχλ­επικοσσυφοφαττοπεριστεραλεκτρυονοπτοκεφαλλιοκιγκλοπελειολαγῳοσιραιοβαφητραγανοπτερύγων‎, ラテン文字転写: lopadotemakhoselakhogaleokrānioleipsanodrīmupotrimmatosilphiokārabomelitokatakekhumenokikhl­epikossuphophattoperisteralektruonoptokephalliokinklopeleiolagōiosiraiobaphētraganopterúgōn, IPA: [lo.pa.do.te.ma.kʰo.se.la.kʰo.ɡa.le.o.kraː.ni.o.leːp.sa.no.driː.my.po.trim.ma.to.sil.pʰi.o.kaː.ra.bo.me.li.to.ka.ta.ke.kʰy.me.no.ki.kʰle.pi.kos.sy.pʰo.pʰat.to.pe.ris.te.ra.lek.try.o.nop.to.ke.pʰal.li.o.kiŋ.klo.pe.leː.o.la.ɡɔːi̯.o.si.rai̯.o.ba.pʰɛː.tra.ɡa.nop.te.rý.ɡɔːn])は、アリストパネス戯曲女の議会』に登場する架空の料理の名前である[1]。ギリシア語で171文字、ラテン文字にして182文字[1]になる。世界最長の単語(非実用的単語)として知られており、この語について語られる際はしばしば Lopado...pterygon と略される。「ありとあらゆる種類の食材を含んだ料理」は一般的な同戯曲における日本語意訳である[要出典]

目次

概要編集

『女の議会』作中でこの料理は、17種類の具材を煮込んだフリカッセとして描かれる。煮込まれる具材として描かれるものには、以下のようなものがある。

語源編集

  • λοπάς lopas(料理)
  • τέμαχος temachos(魚の切り身)
  • σέλαχος selachos(サメ、エイ)
  • γαλεός galeos(小型のサメ)
  • κρανίον cranion(頭)
  • λείψανον leipsanon(残り、あら)
  • δριμύς drimys(すっぱい)
  • ὑπότριμμα hypotrimma(ピクルス)
  • σίλφιον silphion(シルフィウム)
  • κάραβος carabos(カニなどの甲殻類)
  • μέλι meli(ハチミツ)
  • κατακεχυμένος catacechymenos(上からかかった)
  • κίχλη cichle(ベラ、ツグミ)
  • ἐπί epi(その上に)
  • κόσσυφος cossyphos(海水魚、クロウタドリ
  • φάττα phatta(モリバト
  • περιστερός peristephos(ドバト)
  • ἀλεκτρυών alectryon(ニワトリ)
  • ὀπτός optos(焼かれた)
  • κεφάλιον cephalion(小さい頭)
  • κίγκλος cigclos(カイツブリ
  • πέλεια peleia(ハト)
  • λαγῷος lagoios(ノウサギ、アメフラシ
  • σίραιον siraion(ムスト
  • βαφή baphe(焼き入れ、浸漬)
  • τραγανός traganos(バリバリとした、噛みごたえのある)
  • πτέρυξ pterycs(羽、ひれ)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b McFarlan, Donald; McWhirter, Norris D.; Boehm, David A. (1989), Guinness book of world records, 1990 (Rev. American ed.), New York: Sterling Pub., p. 129, ISBN 9780806957906 

関連項目編集