うお座オミクロン星

うお座の恒星

うお座ο星(うおざオミクロンせい)は、うお座の4等星。4.26等のA星と8.30等のB星の二重星である[5]

うお座ο星
Omicron Piscium
星座 うお座
視等級 (V) 4.26[1]
4.25 - 4.28(変光)[2]
変光星型 疑わしい[2]
位置
元期:J2000.0[1]
赤経 (RA, α)  01h 45m 23.62533s[1]
赤緯 (Dec, δ) +09° 09′ 27.9123″[1]
赤方偏移 0.000041[1]
視線速度 (Rv) 12.16km/s[1]
固有運動 (μ) 赤経: 71.130 ミリ秒/年[1]
赤緯: 53.109 ミリ秒/年[1]
年周視差 (π) 13.1012 ± 0.2466ミリ秒[1]
(誤差1.9%)
距離 249 ± 5 光年[注 1]
(76 ± 1 パーセク[注 1]
絶対等級 (MV) -0.2[注 2]
Pisces constellation map.svg
Cercle rouge 100%.svg
ο星の位置
物理的性質
半径 14.57 ± 1.01R[3]
質量 3.03 ± 0.12M[3]
表面重力 0.38 G[3][注 3]
自転速度 2.88 km/s[3]
スペクトル分類 G8III[1]
光度 107 - 162L[3]
表面温度 5,004 ± 24K[3]
色指数 (B-V) +0.96[4]
色指数 (U-B) +0.71[4]
色指数 (R-I) +0.48[4]
金属量 0.10 ± 0.03[3]
年齢 0.39 ± 0.05×109[3]
別名称
別名称
うお座110番星[1]
BD +08 273[1]
FK5 60[1]
Gaia DR2 2572221764289953024[1]
HD 10761[1]
HIP 8198[1]
HR 510[1]
SAO 110110[1]
NSV 615[1]
Template (ノート 解説) ■Project

名称編集

2017年9月5日、国際天文学連合の恒星の命名に関するワーキンググループ (Working Group on Star Names, WGSN) は、Torcular をうお座ο星Aの固有名として正式に承認した[6]。この名前の由来となったTorcularis septentrionalisという名称が1515年の『アルマゲスト』に見られる[7]。これは、本来ギリシャ語で「リネン(亜麻)」を意味するλίνοςという言葉が当てられていたものが、「満員」を意味するληνόςという言葉と間違えられて訳されたものである[7]

星系編集

うお座ο星は、ヒッパルコス衛星の観測結果から、固有運動が線形ではないとみられ、位置天文学的連星である可能性が指摘された[8]公転に伴う視線速度の変化は検出されていないが、うお座ο星は黄道の近くに位置するので、によって隠される星食が起こることを利用した観測によって、うお座ο星が単一の点光源ではないことが明らかとなり、連星と考えられるようになっている[9][10]

主星と伴星の間の見かけの距離(離角)は、12ミリ秒以上で、スペックル・イメージングで検出されていないことから、30ミリ秒以下であるとみられる[11][10]。主星と伴星は、明るさが4等級ほど異なり、それゆえ伴星は主系列星ではないかと予想される[10]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ a b パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算、光年は1÷年周視差(秒)×3.2615638より計算
  2. ^ 視等級 + 5 + 5×log(年周視差(秒))より計算。小数第1位まで表記
  3. ^ 出典での表記は、 

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s Results for omi Psc”. SIMBAD. CDS. 2018年7月10日閲覧。
  2. ^ a b Result for HD 10761”. GCVS. 2018年3月4日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h Jofré, E. et al. (2015). “Stellar parameters and chemical abundances of 223 evolved stars with and without planets”. Astronomy & Astrophysics 574: A50. arXiv:1410.6422v3. Bibcode2015A&A...574A..50J. doi:10.1051/0004-6361/201424474. ISSN 0004-6361. 
  4. ^ a b c Hoffleit, D.; Warren, W. H., Jr. (1995-11). “Bright Star Catalogue, 5th Revised Ed.”. VizieR On-line Data Catalog: V/50. Bibcode1995yCat.5050....0H. http://vizier.u-strasbg.fr/viz-bin/VizieR-5?-ref=VIZ5a76628e9487&-out.add=.&-source=V/50/catalog&recno=510. 
  5. ^ Mason, Brian D.; Wycoff, Gary L. et al. (2001). “The 2001 US Naval Observatory Double Star CD-ROM. I. The Washington Double Star Catalog”. The Astronomical Journal 122 (6): 3466-3471. Bibcode2001AJ....122.3466M. doi:10.1086/323920. ISSN 00046256. http://vizier.u-strasbg.fr/viz-bin/VizieR-5?-ref=VIZ5a93fea08fa1&-out.add=.&-source=B/wds/wds&recno=8809. 
  6. ^ IAU Catalog of Star Names”. 国際天文学連合. 2018年3月4日閲覧。
  7. ^ a b Richard H. Allen (2013-2-28). Star Names: Their Lore and Meaning. Courier Corporation. p. 343. ISBN 978-0-486-13766-7. https://books.google.com/books?id=vWDsybJzz7IC 
  8. ^ Markov, V. V.; Kaplan, G. H. (2005-05), “Statistical Constraints for Astrometric Binaries with Nonlinear Motion”, Astronomical Journal 129 (5): 2420-2427, Bibcode2005AJ....129.2420M, doi:10.1086/429590 
  9. ^ Frankowski, A.; Jancart, S.; Jorissen, A. (2007-03), “Proper-motion binaries in the Hipparcos catalogue. Comparison with radial velocity data”, Astronomy & Astrophysics 464 (1): 377-392, Bibcode2007A&A...464..377F, doi:10.1051/0004-6361:20065526 
  10. ^ a b c Richichi, A.; et al. (2016-01), “Lunar Occultations of 18 Stellar Sources from the 2.4 m Thai National Telescope”, Astronomical Journal 151 (1): 10, Bibcode2016AJ....151...10R, doi:10.3847/0004-6256/151/1/10 
  11. ^ Hartkopf, W. I.; McAlister, H. A. (1984-01), “Binary stars unresolved by speckle interferometry. III”, Publications of the Astronomical Society of the Pacific 96: 105-116, Bibcode1984PASP...96..105H, doi:10.1086/131309 

外部リンク編集