うまいんだに

うまいんだには、長野県JAみなみ信州が生産、販売する国産紅茶の名称。

概要編集

飯田市南信濃で栽培されているやぶきた茶の二番茶の高付加価値化の目的で開発。そのため葉は緑茶・紅茶の兼用品種で、新茶は「赤石銘茶」として緑茶にされる。販売開始は2003年9月。開発に当たっては、生産者が紅茶の本場スリランカで研修も実施している。

茶葉は、黒系で縒りは少ない。二番茶の加工品のためか茎も目立つが、控えめな渋みとほのかな甘味に加えて、香りはさわやかで、澄んだきれいなオレンジ色の紅茶になり、ストレートティーに適している。

国産の紅茶は生産量が少なく、「南アルプスの紅茶」として、地域の特産品となった。当該紅茶を原料とした「紅茶クッキーうまいんだに」(はと錦)という菓子も販売されている。

「うまいんだに」とは、飯田地方の方言で、「美味しいんですよ」の意。

関連項目編集

外部リンク編集