メインメニューを開く

おちんちん

男性器を表す幼児語

おちんちんは、男性器(特に陰茎)を意味する幼児語または俗語である。

概要

通常、体の前面に飛び出す格好で付いているおちんちんは、男児が日常生活において頻繁に目にするものであり、「おてて」や「あんよ」などと同様、自分自身の体の一部の呼称として早い段階で習得する単語である。

一般に男性器を表現する俗語としても広く使用され、幼児や児童向けに保健教育や性教育の授業を行う場合において、陰茎やペニス等の専門用語の代用としても用いられる。

類語

世代・地方により別の名称で呼ばれることも多い。『日本俗語大辞典』は、「ちんこ」の類語として「おちんこ・おちんちん・ちんちん・ちんぽ・ちんこ・ちんこ・ぽこちん」を挙げる[1]。『広辞苑』は、「ちんこ」の見出し語のもと、「ちんちん・ちんぽこ」を同義語とする[2]。「ちんこ」は江戸時代に用例がある。『江戸時代語辞典』は、他に「ちんぽ・ちんぽう・ちんぽこ」を見出し語に採録する[3]

語源は諸説ある。『日本語源広辞典』は、「ちんぽ」の見出し語のもと、小さい鉾(ちんぽこ)が語源であるとする[4]

『日本語源大辞典』は、「ちんぽ」の見出し語のもといくつかの説を挙げる。「小さき穂」「小法師(ちいぼうし)の略訛」「ちほ(「ち」は男性器)の訛」など[5]

漢字

この節には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

古い中国の文字には男性器を表す「𠄏」(Unicode U+2010F、 ) [6]や「𢆴」(Unicode U+221B4、 ) がある [7]

その他、『大漢和辞典』(諸橋轍次)には「しかばね」の部首を持つ漢字で、女性器または男性器を意味するものが多数採録されているが、ここでは割愛する。

女の子のおちんちん?

『現代日本語方言大辞典』には、地方によっては女性器を「ちんこ」などと呼称する用例が記載されている[8]

  • (千葉)「ちんこ」:主として子供の女性器
  • (滋賀)「ちんちん」:3歳くらいまでの幼女の女性器
  • (鳥取)「おちんこ」:幼女の女性器。また、男女問わず子供の性器
  • (山口)「おちんちん」:女性器
  • (福岡)「ちんちん」:幼女の女性器
  • (大分)「おちんこ」:女性器(幼児語または愛称)

実際、男児のおちんちんと同じ部分に、女児も小さなおちんちん(クリトリス)を持っており、大陰唇や包皮によって保護されてはいるが、男児と同じように身体から突き出すように飛び出ている(但し、下方に向かって)。また、すぐ近くには尿道口もあるため、陰核から尿が排泄されると間違って理解している女児も多い。また、女児も男児もこの部分をいじると快感を生じるため、性器いじり(幼児オナニー)を行う。これら排尿と性的快感の二つが、男児・女児双方のおちんちんが具えている機能である。性器いじりには、手で触るほか脚をすり合わせる、腰を動かす、物に擦りつけるなどのやり方がある。思春期以降のオナニーと異なり、例えば痒いのでいじったら快感があることに気付く、などがきっかけとなり習慣化する場合が多い[9]

脚注

  1. ^ 米川明彦『日本俗語大辞典』東京堂出版、2003年11月10日、382頁。ISBN 4-490-10638-6
  2. ^ 『広辞苑第七版 た―ん』新村出、岩波書店、2018年1月12日、1923頁。ISBN 978-4-00-080132-4
  3. ^ 穎原退蔵、尾形仂(編)『江戸時代語辞典』角川学芸出版、2008年11月30日、913, 916。ISBN 978-4-04-621962-6
  4. ^ 増井金典『日本語源広辞典[増補版]』ミネルヴァ書房、2012年8月10日、709頁。
  5. ^ 前田富祺(監修)『日本語源大辞典』小学館、2005年4月20日、754頁。ISBN 4-09-501181-5
  6. ^ 諸橋轍次『大漢和辞典 巻一』大修館書店、1986年9月1日、410頁。ISBN 4-469-03071-6
  7. ^ 《汉语大字典》编委会 編 (2010-03-25) (中国語). 汉语大字典. 第2巻. 四川辞书出版社, 湖北辞书出版社. p. 1093. 
  8. ^ 平山輝男et al.『現代日本語方言大辞典』第3巻、明治書院、1992年9月18日、2498-2500頁。ISBN 4-625-52139-4
  9. ^ 岡田正章、森上史朗『保育基本用語事典』第一法規出版、1980年10月15日、196-197頁。

関連項目