お星さまのレール

お星さまのレール』(おほしさまのレール)は、女優小林千登勢が戦中戦後の体験を綴り、1982年金の星社より出版した日本児童文学。および、それを原作としたアニメーション映画

あらすじ編集

時代は第二次世界大戦中。朝鮮の北、満州にほど近い鴨緑江河口の街・新義州で幸福に育った7歳の日本人の女の子・チコ(小林千登勢)。戦後のソ連軍進駐により、日本人への取り締まりが激化するなか、同じ境遇の多くの民間人とともに日本への逃避行を図る。 星をたよりに、38度線を目指して…。

アニメ映画編集

1993年07月10日に公開された共同組合全国映画センター制作の作品。主人公をはじめ、創氏改名をさせられた少年などが登場する等、原作との違いがある。

ビデオソフト(VHS)が存在していたが、現在は廃盤状態である。

スタッフ編集

声の出演編集

主題歌編集

  • 「夜空で星が生まれるように」 歌:益田宏美(現・岩崎宏美) 

書籍編集

関連項目編集

外部リンク編集