メインメニューを開く

きょうと京北ふるさと公社

公益財団法人きょうと京北ふるさと公社(きょうとけいほくふるさとこうしゃ)とは、京都府京都市右京区京北上弓削町段上ノ下にあり、京都府京都市の旧京北町でバス事業や公園、人材派遣業などを営む公益法人である。

公益財団法人きょうと京北ふるさと公社
種類 公益財団法人
本社所在地 日本の旗 日本
601-0531
京都府京都市右京区京北上弓削町段上ノ下2番地の1
設立 2001年12月25日
法人番号 3130005005714
代表者 理事長 北川義晴
外部リンク http://fuw.jp/
テンプレートを表示

沿革編集

バス事業編集

正式名称は、京北ふるさとバスである。京北町の京都市への編入合併にともない、当財団法人に京北町営バス(けいほくちょうえいバス)の運営が引き継がれたものである。なお、スルッとKANSAIには加盟していないため、スルッとKANSAI対応カードやPiTaPaは利用できない。2012年から京都市域バス共通回数券が利用可能となった[1]

  • 京都市の交付する「敬老乗車証」[2]および身体障害者等に交付される福祉乗車証[3]が利用できる。
  • 京都市の予算から運行補助のために約5,000万円が支出されている[4]
  • 年末年始(12月29日~1月3日)は運休。
  • 運行形態は、自家用自動車(白ナンバー車)による有償運送(いわゆる80条バス)である。

沿革編集

 
京北町営バス当時の車両(1996年)

京北町営バス当時も含めた京北ふるさとバスに関する沿革は、以下の通りである。

  • 1990年10月1日 【京北町】西日本JRバス長野線、矢代線(周山 - 矢代)、灰屋線(上黒田 - 灰屋)廃止による代替として、京北町営バス運行開始。[5]
    • 運行開始当時の路線は、細野線(周山 - 細野 - 下長野)、矢代線(周山 - 漆谷)、灰屋線(上黒田 - 灰屋)の3路線。
  • 1993年10月1日 【京北町】細野線を細野 - 余野公民館前間、矢代線を矢代中 - 浅江間いずれも自主運行にて延長。[5]
  • 1994年10月1日 【京北町】京都交通田貫線、宇津線の路線廃止による代替として田貫線(周山 - 上佐々江)、宇津線(周山 - 下浮井 - 周山)運行開始。[5]
  • 1995年4月1日 【京北町】西日本JRバス山国線の廃止代替として山国・黒田線(周山 - 小塩・灰屋、灰屋線を統合)運行開始。矢代線スクールバスを一般混乗可に。[5]
  • 2005年4月1日 京北町の京都市への編入に伴い、旧町営バスの運行をきょうと京北ふるさと公社に移管。

路線編集

以下の路線がある。  ※2010年4月17日改正時点、()内は一部便のみ経由  

田貫線
  • 周山 - 出口橋 - 清田 - 下中 - 京北病院前 - 鳥谷住宅前( - 上佐々江)
弓削線
  • 周山 - 出口橋 - 清田 - 下中( - 京北病院前) - 上中 - 上弓削 - 千谷口
矢代線
  • 周山 - 出口橋 - 熊田 - 矢代中( - 漆谷) - 浅江
宇津線
  • 周山 - 出口橋 - 熊田 - 上明石 - 平石橋( - 鬱桜寺 - 下浮井 - 鬱桜寺 - 宇津峡公園 - 平石橋) - 宇津ふれあい会館前 - 柏原( - 周山)
細野線
  • 周山 - 細野( - 余野公民館前 - 細野) - 下長野
山国・黒田線
  • 周山 - 山国 - 山国御陵前 - 井戸 - 上黒田 - 灰屋
  • 周山 - 山国 - 山国御陵前 - 井戸 - 小塩

脚注編集

  1. ^ 京都市交通局:バス共通回数券
  2. ^ 京都市敬老乗車証条例 第8条/別表第3、京都市敬老乗車証条例施行規則第6条2項
  3. ^ 京都市情報館 障害福祉施策情報 - 税金・公共料金の減免など”. 京都市 (2011年11月30日). 2012年7月17日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年6月2日閲覧。
  4. ^ 京都市公式サイト>都市計画局都市総務課[リンク切れ]
  5. ^ a b c d 『明日も走るか(京都府版)』P9~15(日本過疎バス友の会、1996年)

外部リンク編集