メインメニューを開く

くちびるに歌を』(くちびるにうたを、ドイツ語: Hab' ein Lied auf den Lippen)は、信長貴富による合唱組曲。この組曲の4曲目の表題曲についてもここで解説する。

概要編集

2005年(平成17年)に東海メールクワィアーの委嘱により男声合唱組曲として作曲され、同年に初演された。指揮=飯沼京子、ピアノ=山下勝[1]。その後、2007年混声合唱版、2011年女声合唱版が作られた[1]

組曲を構成する4曲のテキストは、いずれもドイツ語の名詩とその日本語訳から成る。ドイツ語によってロマンティックな音像を導き出し、母国語によって懐深くの情感を呼び覚ますのが狙いである。詩に忠実に音を付していくというよりは、詩から受けたインスピレーションを音像に変換し、その中に言葉を再発見していく方法で構成しているため、作曲されていない詩句がしばしばみられる[2]。終曲は特にその傾向が顕著に表れている。

曲目編集

  1. 白い雲
    作詩 - ヘルマン・ヘッセ / 訳詩 - 高橋健二
  2. わすれなぐさ
    作詩 - ウィルヘルム・アレント / 訳詩 - 上田敏
  3. 作詩 - ライナー・マリア・リルケ / 訳詩 - 茅野蕭々
  4. くちびるに歌を
    作詩 - ツェーザル・フライシュレン / 訳詩 - 信長貴富
    ドイツ語詩はHab' Sonne im Herzen(山本有三による訳「心に太陽を持て」が有名)の第2連を抜き出し、日本語詞は信長の創作意欲の表れとして第2連を直訳するのでなく原詩を自由に構成し「くちびるに歌を」(Hab' ein Lied auf den Lippen)としている。

楽譜編集

  • 男声合唱とピアノのための くちびるに歌を(2007年1月発売[3]ISBN 9784276548572
  • 混声合唱とピアノのための くちびるに歌を (2008年10月発売[4]ISBN 9784276544833
  • 女声合唱とピアノのための くちびるに歌を(2011年12月発売[1]ISBN 9784276554542

脚注編集