くろがねの力(くろがねのちから)は、1939年(昭和14年)9月1日にコロムビアレコードから発売された流行歌大日本体育協会制定歌。作詞は浅井新一、作曲は江口夜詩。歌は、伊藤久男霧島昇二葉あき子松原操国民歌謡で流され、1939年(昭和14年)9月25日からアイラ・コールの合唱で放送された。当時の小学校の運動会に盛んに唄われた。この頃から各地で歌の啓蒙のために歌唱指導を行うため、有名歌手が合唱するような吹込みがされるようになった。