霧島 昇(きりしま のぼる、1914年大正3年)6月27日 - 1984年昭和59年)4月24日)は、戦前から戦後にかけて活躍した流行歌手。本名:坂本 榮吾福島県双葉郡大久村(現・いわき市)出身。1970年(昭和45年)、紫綬褒章受章。

霧島 昇
Kirishima Noboru.jpg
1950年
基本情報
出生名 坂本 榮吾
生誕 1914年6月27日
出身地 福島県双葉郡大久村(現・いわき市
死没 (1984-04-24) 1984年4月24日(69歳没)
学歴 東洋音楽学校
職業 歌手
活動期間 1937年 - 1984年
レーベル コロムビア

経歴編集

1914年(大正3年)に福島県双葉郡大久村(現:いわき市大久町)の農家の三男として生まれる。小学校を卒業後上京し、中学に通いながらボクサーを目指すが断念、テノール藤原義江のレコードを聴き、日本の歌曲を流行歌として歌いたいと思い、苦学しながら東洋音楽学校(現在の東京音楽大学)を卒業。

浅草のレビュー小屋でアルバイトをする傍ら吹き込んだエヂソン・レコード『僕の思い出』がコロムビア文芸部長・松村重武(俳優の松村達雄の実父)の目にとまり、1936年(昭和11年)にコロムビアに入社。同社の看板スターであった松平晃を目標として歌唱技術を磨き、松平にはないテノールの甘い声質と邦楽的技巧表現を生かした。

 
妻・松原操とともに(1939年)

1937年(昭和12年)に『赤城しぐれ』でデビュー。1938年(昭和13年)に松竹映画『愛染かつら』の主題歌『旅の夜風』を当時大スターだったミス・コロムビア(本名・松原操=後に本名を芸名とする)と共に吹き込み大ヒット。1939年(昭和14年)にミス・コロムビアと結婚。前年に吹き込んだ『旅の夜風』が縁結びとなった。その後も『一杯のコーヒーから』、『誰か故郷を想わざる』などのヒットを飛ばし「コロムビアのドル箱」と呼ばれた。

1943年(昭和18年)、召集令状を受け、大日本帝国海軍横須賀海兵団に入隊。すでに極度の近眼のため徴兵検査で不合格となっていたが、霧島のファンである海兵団の伊藤竹夫大佐が軍医長に命じ、身体検査をパスさせた。海軍では、情報蒐集及び宣伝を主任務とした副長付班に所属した[1]

戦後は並木路子と吹き込んだ『リンゴの唄』を皮切りに『三百六十五夜』、『胸の振子』などのヒットを放った。生涯に吹き込んだ数は3千曲を超えた。 NHK紅白歌合戦にも5回出場している(詳細は下記参照)が、霧島は無口で真面目な人柄で、極度のあがり症だったという。

おしどり夫婦として知られ、松原との間に4人の子供をもうけた。息子の坂本紀男東京音楽大学主任教授で、『思い出のメロディー』(NHK総合)に出演し、父の代表曲を歌ったことがある。紀男の他に娘が3人おり、三女の大滝てる子は母の芸名を継ぎ「二代目 松原操」として両親の楽曲を歌い継いでいる。

霧島は1984年(昭和59年)4月24日、腎不全のため69歳で永眠し、東京都港区長谷寺に葬られた。妻の松原も霧島の死から2か月後の同年6月19日に73歳で逝去した。霧島の出身である福島県いわき市には『誰か故郷を想わざる』の歌碑が建立されている。

法規制される前後に夫婦でヒロポンを常用しており、深刻な中毒だったことがある。当時舞台で司会をしていたコロムビア・トップが国会においてその様子を証言したこともあった[2]。晩年は夫婦ともに心身に不調がみられたが、薬物の影響が指摘されている。

代表曲編集

 
デビュー当時の霧島昇
赤城しぐれ(1936年)
作詞:久保田宵二/作曲:竹岡信幸/編曲:奥山貞吉
月のデッキで(1937年)
作詞:高橋掬太郎/作曲:明本京静/編曲:奥山貞吉
峠の馬子唄(1937年)
作詞:久保田宵二/作曲:古関裕而/編曲:
露営の歌[3] 共唱:中野忠晴松平晃伊藤久男佐々木章(1938年)
作詞:薮内喜一郎/作曲:古関裕而/編曲:奥山貞吉
旅の夜風 共唱:ミス・コロムビア(1938年)
作詞:西條八十/作曲:万城目正/編曲:万城目正
愛馬進軍歌(1939年)
作詞:久保井信夫/作曲:新城正一
父よあなたは強かった 共唱:伊藤久男、二葉あき子松原操 (1939年)
作詞:福田節/作曲:明本京静/編曲:奥山貞吉
別れ路の歌 共唱:二葉あき子(1939年)
作詞:高橋掬太郎/作曲:万城目正/編曲:万城目正
一杯のコーヒーから 共唱:ミス・コロムビア(1939年)
作詞:藤浦洸/作曲:服部良一/編曲:服部良一
愛染夜曲 共唱:ミス・コロムビア(1939年)
作詞:西條八十/作曲:万城目正/編曲:万城目正
純情二重奏 共唱:高峰三枝子(1939年)
作詞:西條八十/作曲:万城目正/編曲:万城目正
くろがねの力 共唱:伊藤久男・松原操・二葉あき子(1939年)
作詞:浅井新一/作曲:江口夜詩/編曲:奥山貞吉
誰か故郷を想わざる(1940年)
作詞:西條八十/作曲:古賀政男/編曲:古賀政男
愛染草紙 共唱:ミス・コロムビア(1940年)
作詞:西條八十/作曲:万城目正/編曲:奥山貞吉
蘇州夜曲 共唱:渡辺はま子(1940年)
作詞:西條八十/作曲:服部良一/編曲:仁木多喜雄
新妻鏡 共唱:二葉あき子(1940年)
作詞:佐藤惣之助/作曲:古賀政男/編曲:古賀政男
目ン無い千鳥 共唱:ミス・コロムビア(1940年)
作詞:サトウ・ハチロー/作曲:古賀政男/編曲:古賀政男
燃ゆる大空 共唱:藤山一郎(1940年)
作詞:佐藤惣之助/作曲:山田耕筰/編曲:仁木多喜雄
相呼ぶ歌 共唱:菊池章子(1940年)
作詞:西條八十/作曲:古賀政男/編曲:古賀政男
宣戦布告 共唱:伊藤久男(1941年)
作詞:野村俊夫/作曲:古関裕而/編曲:
みんな揃って翼賛だ 共唱:松原操・高橋祐子(1941年)
作詞:西條八十/作曲:古関裕而/編曲:
そうだその意気 共唱:松原操・李香蘭(1941年)
作詞:西條八十/作曲:古賀政男/編曲:仁木多喜雄
大東亜決戦の歌 共唱:藤山一郎(1942年)
作詞:伊藤豊太/作曲:帝国海軍軍楽隊/編曲:仁木多喜雄
戦い抜こう大東亜戦(1942年)
作詞:大政翼賛会宣伝部/作曲:明本京静/編曲:奥山貞吉
壮烈特別攻撃隊(1942年)
作詞:西條八十/作曲:山田耕筰/編曲:
翼の凱歌 共唱:藤山一郎(1942年)
作詞:佐藤惣之助/作曲:山田耕筰/編曲:服部良一
皇軍の戦果輝く(1942年)
作詞:野村俊夫/作曲:古関裕而/編曲:
索敵行 共唱:伊藤久男・楠木繁夫(1943年)
作詞:野村俊夫/作曲:万城目正/編曲:服部良一
若鷲の歌 共唱:波平暁男(1943年)
作詞:西條八十/作曲:古関裕而/編曲:仁木他喜雄
勝利の日まで(1944年)
作詞:サトウ・ハチロー/作曲:古賀政男/編曲:仁木他喜雄
雷撃隊出動の歌 共唱:波平暁男(1944年)
作詞:米山忠雄/作曲:古関裕而/編曲:古関裕而
雷撃隊の歌(1944年)
作詞:帝国海軍雷撃隊員/作曲:帝国海軍雷撃隊員/編曲:帝国海軍軍楽隊
リンゴの唄 共唱:並木路子(1946年)
作詞:サトウ・ハチロー/作曲:万城目正/編曲:仁木他喜雄
麗人の歌(1946年)
作詞:西條八十/作曲:古賀政男/編曲:古賀政男
旅役者の唄(1946年)
作詞:西條八十/作曲:古賀政男/編曲:古賀政男
胸の振子(1947年)
作詞:サトウ・ハチロー/作曲:服部良一/編曲:服部良一
旅の舞姫 共唱:二葉あき子(1948年)
作詞:西條八十/作曲:古賀政男/編曲:古賀政男
夢去りぬ(1948年)※淡谷のり子「鈴蘭物語」の曲カヴァー
作詞:加茂六郎/作曲:服部良一/編曲:服部良一
国境の灯(1948年)
作詞:西條八十/作曲:古関裕而/編曲:
三百六十五夜 共唱:松原操(1948年)
作詞:西條八十/作曲:古賀政男/編曲:古賀政男
あの夢この歌 共唱:二葉あき子(1948年)
作詞:西條八十/作曲:古賀政男/編曲:仁木他喜雄
緑の並木路 共唱:折原啓子(1950年)
作詞:門田ゆたか/作曲:竹岡信幸/編曲:仁木他喜雄
赤い椿の港町(1951年)
作詞:西條八十/作曲:上原げんと/編曲:上原げんと
月が出た出た 共唱:久保幸江(1951年)
作詞:西條八十/作曲:古賀政男/編曲:
サム・サンデー・モーニング 共唱:小川静江(1951年)
作詞:山口国俊/作曲:服部良一/編曲:服部良一
白虎隊 台詞:鈴木吟亮(1952年)※藤山一郎の歌詞違いカヴァー
作詞:島田磬也/作曲:古賀政男/編曲:古賀政男
ギター月夜(1952年)
作詞:西條八十/作曲:古賀政男/編曲:
石狩エレジー(1953年)
作詞:桂土佐海/作曲:古賀政男/編曲:
湖畔のギター(1954年)
作詞:野村俊夫/作曲:古賀政男/編曲:
白虎隊(1963年)※藤山一郎のカヴァー
作詞:野村俊夫/作曲:古賀政男/編曲:古賀政男
妻よ/ふるさと慕情 共唱:松原操(1981年)
作詞:石本美由起/作曲:市川昭介/編曲:山田良夫
夕月慕情(1981年)
作詞:益子文司・石本美由起/作曲:江口夜詩/編曲:

出演映画編集

  • 『純情二重奏』(昭和13年、松竹)
  • 『君よ共に歌わん』(昭和16年、松竹)
  • 『青空交響楽』(昭和18年、大映)
  • そよかぜ』(昭和20年、松竹)
  • 『飛ぶ唄』(昭和21年、大映)
  • 『盗まれかけた音楽会』(昭和21年、大映)
  • 『街はそよかぜ』(昭和22年、国際映画)
  • 踊る龍宮城』(昭和24年、松竹)

受賞歴編集

NHK紅白歌合戦出場歴編集

年度/放送回 曲目 対戦相手
1952年(昭和27年)/第2回 赤い椿の港町[4] 久保幸江
1953年(昭和28年)/第3回 月が出た出た 乙羽信子
1954年(昭和29年)/第5回 石狩エレジー 渡辺はま子
1956年(昭和31年)/第7回 恋に朽ちなん 松島詩子
1958年(昭和33年)/第9回 白虎隊
  • このうち、第7回と第9回はラジオ中継による音声が現存する。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 昭和の戦時歌謡物語、325頁,326頁。
  2. ^ 参議院会議録情報 第101回国会 社会労働委員会 第11号
  3. ^ 1973年に放送した『買ッテ来ルゾト勇マシク』(よみうりテレビ制作・日本テレビ系、坂本九司会)のテーマ曲に「露営の歌」の替え歌が用いられた。番組タイトルは「露営の歌」の歌い出しに由来している。
  4. ^ 『三百六十五夜』とする説あり。

出典編集

  • 塩澤実信『昭和の戦時歌謡物語』展望社、2012年。ISBN 978-4-88546-241-2

外部リンク編集