こじま (巡視船・2代)

こじま」(JCG Kojima, PL-21)は、海上保安庁の巡視船海上保安大学校の3代目の練習船として運用されていた[1][2]

こじま
JCG Kojima (1964).jpg
基本情報
建造所 呉造船所
運用者  海上保安庁
船種 1,100トン型PL
前級 こじま (海防艦型)
次級 こじま (3,000トン型)
母港 呉港
船歴
計画 昭和38年
起工 1963年19月16日
進水 1964年2月14日
就役 1964年5月20日
退役 1993年2月1日
要目
常備排水量 1,201 t
総トン数 1,066 t
全長 69.6 m
最大幅 10.3 m
深さ 5.4 m
吃水 3.53 m
主機 浦賀スルザー7MD51
ディーゼルエンジン×1基
出力 2,600馬力
推進器 スクリュープロペラ×1軸
速力 17.2ノット
航続距離 6,120海里 (13kt巡航時)
乗員 乗員53名+便乗者61名
兵装76mm単装緩射砲×1基
40mm単装機銃×1基
20mm単装機銃×1基
搭載艇 ・7.5m発動機付救命艇×2隻
・6mサーフボート×2隻
テンプレートを表示

来歴編集

海保大の練習船としては、1951年から1954年6月まで「栗橋」が用いられたのち、旧海軍海防艦型の1隻である「こじま」が用いられてきた。しかし老朽化に伴って、昭和38年度の概算要求で代船が盛り込まれた。これによって建造されたのが本船である。なお、さらに昭和39年度の国庫債務負担行為歳出分からも建造費が支出されて、計4億530万4000円の予算が計上された[1]

設計編集

船型としては長船首楼・中央機関室型が採用された。アメリカ西海岸への遠洋航海への使用が想定されたことから、居住区には全て空調が施されている[3]。学生居住区の船尾側には、全員を収容できる学生食堂兼教室が配置された。またその他、船長公室、教官室、学生図書室が設けられていた。水線下形状は、主機関を連続最大出力の85パーセントで運転した状態で最適の船型となるようにされている[1]

主機関としては、スルザー社製7MD51ディーゼルエンジン浦賀重工業(旧玉島ディゼル工業)社がライセンス生産して搭載した。機関の自動化・合理化のため機関室内に制御室を設けており、主機関の遠隔操縦装置、エンジンテレグラフや機関計器の自動監視装置、主機関のデータ自動記録装置、補機操縦の自動化および遠隔指示装置(一部)、電動補機の集中制御化(一部)、重油重力タンク油面の遠隔指示を実施した[3]。一方、この機関制御室のほかにも、練習船としての性格から、実習のため機関室などには相当のスペースが求められたことから、1基・1軸推進船として妥協せざるをえなかった[1]。このために、遠航中に機関不調で難儀したこともあったとされている[2]

参考文献編集

  1. ^ a b c d 真山良文「練習巡視船「こじま」三代記」『世界の艦船』第466号、海人社、1993年6月、 141-145頁。
  2. ^ a b 「海上保安庁全船艇史」『世界の艦船』第613号、海人社、2003年7月、 1-216頁、 NAID 40005855317
  3. ^ a b 徳永陽一郎、大塚至毅『海上保安庁 船艇と航空 (交通ブックス205)』成山堂書店、1995年、74-75頁。ISBN 4-425-77041-2