メインメニューを開く

ころがし涼太 激突!モンスターバス

ころがし涼太 激突!モンスターバス』(ころがしりょうた・げきとつ!もんすたーばす)は、1988年7月30日に公開された日本映画

ころがし涼太 激突!モンスターバス
監督 黒沢直輔
脚本 大川俊道
原作 村田ひろゆき
製作 にっかつ
出演者 竹内力
秋本奈緒美
ほか
音楽 ヤンキース大竹幸尚
中山努
菊池琢己
配給 シネ・ロッポニカ
公開 1988年7月30日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

日本文芸社刊「週刊漫画ゴラク」にて連載の、村田ひろゆきの漫画作品「ころがし涼太」の初実写化作品である。また、竹内力の映画初主演作品である。

概要編集

日活の、ロマンポルノ終了後の一般映画作品シリーズ「ロッポニカ」のラインナップの一つである。併映は『行き止まりの挽歌 ブレイクアウト
原作の荒唐無稽さを残しつつ、大型バス2台の派手なカースタントとハードバイオレンスのテイストが加わっている。奇しくも、昭和最終盤のヤンキー映画となった。

ストーリー編集

競馬予想紙片手に、パンチパーマでバスを運転する「ころがし涼太」こと高尾涼太。
バスの後部バンパー「涼太」のステッカーに街のツッパリ野郎は皆ビビる。涼太は、泣く子も黙る元暴走族の頭なのであった。

暴走族を引退したとはいえ、猛獣のようなハンドルさばきでバスでさえ生き物のようなカッ飛びマシーンに変えてしまう。暴走族OBである、せんべい屋・田島とチャリンコ屋・吉本、チョーパン鉄次は“打倒涼太”に生き甲斐にしているのであった。

喧嘩には強い涼太だが、女にはめっぽう弱い。心に暗い影をひきずる美しき魔性の女・麗子にぞっこん惚れこんでしまう。
恋心を胸に秘めて涼太の身を案じる元暴走族の紅一点かおり、バス会社社長の娘・由香里をよそに、麗子に釘づけになる涼太。

そんな中、麗子を追う謎の黒いバスが現れる。まるで死神のようで怪しい装甲車(モンスターバス)を操る豹藤。

惚れた女のためなら、と命を張る涼太であったが、相手は極道など問題ではない化け物だった。

キャスト編集

ほか

スタッフ編集

関連商品編集

VHS「ころがし涼太 激突!モンスターバス」/にっかつ/RJ-101