メインメニューを開く

でんぱ (第2号科学衛星REXS)は東京大学宇宙航空研究所(後の文部省宇宙科学研究所)が開発した電離層・磁気圏観測衛星である。開発名のREXSRadio EXploration Satelliteの略である。

電波観測衛星「でんぱ(REXS)」
所属 東京大学宇宙航空研究所
主製造業者 日本電気
公式ページ 電波観測衛星「でんぱ(REXS)」
国際標識番号 1972-064A
カタログ番号 06152
状態 運用終了
目的 プラズマ、宇宙線、電磁波、地磁気の観測
打上げ場所 鹿児島宇宙空間観測所
打上げ機 M-4Sロケット4号機
打上げ日時 1972年8月19日11:40
運用終了日 1972年8月22日
消滅日時 1980年5月19日
物理的特長
本体寸法 ⌀712mm×685.3mm(八角柱)
最大寸法 ⌀4,712mm
(ホイップアンテナ展開時)
質量 75kg
発生電力 40W
姿勢制御方式 スピン安定方式
軌道要素
周回対象 地球
軌道 楕円軌道
近点高度 (hp) 250km
遠点高度 (ha) 6,560km
軌道傾斜角 (i) 31度
軌道周期 (P) 160.5分
搭載機器
電磁波プラズマ波観測装置
テンプレートを表示

目的編集

当機は地球電離層磁気圏内にある放射線帯を観測する目的で開発された。また太陽電波の観測も目標とされた。

運用編集

1972年8月19日11時40分 (JST) 、鹿児島宇宙空間観測所からM-4Sロケット4号機によって打ち上げられ、近地点240km、遠地点6,570km、軌道傾斜角31°の軌道に投入された。

無誘導のM-4Sロケットは、衛星軌道投入の確実性を期すため、全ての人工衛星を、近地点700km付近、遠地点2500km〜4500km(遠地点は衛星重量で大きく変わる)の軌道に投入するように打ち上げられていた(この場合、風に流されたとしても、打ち上げ成功確率は95%を超える)。そして、「でんぱ」の目標軌道は、近地点710km、遠地点2657km、軌道傾斜角31.2°であった。「でんぱ」の実軌道がこのような極端な軌道となってしまった原因は、無誘導のM-4Sロケットが風に流されたためでは無く、ランチャーの上下角設定時に、表示角と実際の角度に約2°のズレがあったためである。

打ち上げから3日経った8月22日、一部の観測装置で使用する高圧電源のスイッチを入れたところ、テレメトリエンコーダが損傷し、衛星からの正常なデータ送信が途絶えた。その後の回復措置により通信系は使用可能になったものの、観測は不可能であることが分かり、運用を断念した。

故障の原因は高圧電源投入時の放電により、ICやトランジスタが破損したためと考えられている。

1980年5月19日、大気圏突入により燃え尽き、消滅した。

成果編集

衛星が故障するまでの約70時間に行った観測により、それなりの科学的成果を得た。また、近地点が非常に低い軌道であるため、故障後も半年間発信され続けた衛星からのビーコン電波で、軌道の変化を測定し、高層大気の大気密度に関するデータの収集が出来た。

外部リンク編集