メインメニューを開く
とびこの軍艦巻き

とびこ(飛子・飛び子)とは、トビウオ(飛魚)の魚卵を塩漬けにした食品、または定住せずに各地を旅しながら男性同性愛者を客とし売春で稼ぐ男娼を指す[1]。 本項は食品としてのトビウオの卵について記述する。

概要編集

とびこはトビウオ(飛魚)のを塩漬けにしたもの。イクラより小粒で透き通った黄金色の小さい球状の卵の集合体である。サイズは個々の卵のおよその直径で1ミリ前後、皮が固く、噛むと粒がはじける感触を楽しめる。おもに寿司ネタとして利用され、ちらし寿司軍艦巻きで食べられる。

とびこ」のほか「とびっこ」の表記もあるが、こちらは水産加工会社のかね徳(本社・兵庫県芦屋市)の製品として商標登録されているため、「飛卵」(とびらん)のような表記で売られていることがある。

現在はインドネシアなどの南方海域からの輸入品が多い。ゴールデンキャビアの名前でカナッペなどにされる他、黒く着色した製品は人工キャビアとして利用される。

なお、代用品としてカラフトシシャモの卵を使用した「ししゃもっこ」(「まさご」(真砂子)とも呼ぶ)がある。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ デジタル大辞泉(とび‐こ / 飛び子) 小学館 2017年11月03日閲覧